ドイツ南西部にある町フライブルクで、夫と2人の子供たちと暮らしています。


by blumchen

プロフィールを見る
画像一覧

プロフィール

2000年夏よりドイツ在住。2004年~2017年11月まで、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を運営していました。現在は、バイオリン店を経営する夫の事業に本格的に携わることになり、その準備中です。


★過去のブログ(2005~2011年)は→コチラ。旅行写真など満載です♪

Facebook


※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。


著書




ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)

「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」

カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪

全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスなどで発売中。執筆話など詳しくはこちらのブログ記事に掲載しています。

最新の記事

春を満喫中♪
at 2018-04-30 17:52
ワッフルのアップルムース添え
at 2018-04-20 17:19
新緑の季節
at 2018-04-17 17:00
バイオリン工房のオープニング..
at 2018-04-11 05:53
フライブルクマラソンは、はず..
at 2018-04-09 05:45

カテゴリ

全体
ドイツ生活
ドイツ料理・ドイツのレストラン
ドイツのスイーツ
ドイツパン
フライブルクの街並み・風景
フライブルク周辺(郊外の町・黒い森など)
ドイツのお祭り・イベント
旅行・お出かけ(ドイツ)
旅行・お出かけ(フランス・スイス)
雑貨・陶器
お店のこと
ドイツの食べ物
ドイツのかわいい!素敵!
いつものゴハン・おやつ
ドイツで子育て・子供の話
ドイツで妊婦生活
音楽
ひとりごと
ブリュームヒェンからのお知らせ
バイオリン工房
未分類

タグ

検索

画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

ライフログ

ブログパーツ

ブログジャンル

海外生活
雑貨

ファン

フォロー中のブログ

じゃがいもごはん
木の葉の旅路
ゆうこのつれづれ日記 i...
Regenbogen★虹...

その他のジャンル

ショップ営業再開しました!

10月半ばからお休みをいただいていました「ブリュームヒェン」ですが、本日より営業再開いたしました!

事情により予告なしにお休みに突入してしまい、早3ヶ月。本当にご迷惑をおかけしました。
心よりお詫び申し上げます。

久しぶりのショップ運営に気が引き締まる思いと、ワクワクした思いが入り混じっています。
素敵なドイツの食器を手にとって笑みがこぼれるお客様の様子を想像しながら、これからもより良いショップを
目指して努力していきたいと思っています。

リピーターの方も、初めての方も、ご来店を心よりお待ちしております!

ショップへはこちらから → ブリュームヒェン

a0245112_8105519.jpg



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
# by blumchen | 2012-01-17 08:28 | ブリュームヒェンからのお知らせ

あっリス君!

今日の日曜日は1日中青空が広がって、とってもいいお天気でした。
家族で近所をお散歩していると、リス君発見!

a0245112_7372534.jpg
写真真ん中辺りにいるんですが、分かりますか?


a0245112_7373756.jpgズームすると、こんな感じ。
木の枝の上をちょこちょこちょこ~っと歩いています。


a0245112_7505284.jpgこの後←この大きな木に飛び移って上にのぼっていってしまったので、
姿を見ることはもうできませんでした。リスってホントすばしっこいんですよね~。
ちっちゃくてかわいいリス君に遭遇すると、いつもとっても癒されます。
でもフライブルクに引越してきてから、リスを見る機会がぐっと減ってしまいました。
フライブルクの方がイメージ的に、リスとかたくさんいそうな気がしていたのですが、
ミュンヘンでの方が遭遇する機会は断然多かったです。公園だけでなく、道端で
見かけることもよくありました。


a0245112_7381979.jpg
ミュンヘンで最後に住んでいた家にはお庭があったのですが、そこにはしょっちゅうリスが遊びに来ていました。
しっぽが大きくて、かわいいですよね~。


a0245112_7383114.jpg
ヘーゼルナッツを食べるリス君。ヘーゼルナッツの木がお庭にあったので、秋になると毎日のように通ってきていたんです。
食べるだけでなく、地面を掘ってはナッツをそこに埋める、という作業をいつも延々とやっていました(笑)。
その姿は本当に面白かわいかったです。ナッツを隠した場所、後で分かるんでしょうかね~??


a0245112_7384612.jpg
木に登る時はこんな姿になってしまうリス君(笑)。キミ、面白いよ。

こんな間近でっじっくりとリスを見る機会があったら、娘も喜ぶだろうなぁ。
いつかまたそんな機会があることに期待しましょう♪


↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
# by blumchen | 2012-01-16 08:23 | ドイツ生活

素敵な家並み

ちょうど1年前に撮ったフライブルク市内のとある住宅地の写真なのですが、当時ブログに載せそびれて
しまっていました。せっかくの素敵な家並みなので、ご紹介しますね♪

a0245112_6421535.jpg

白にブルーが映える可愛いお家。家の形もキュートです。前に置いてある自転車も何だかいい感じですね。
こんなこじんまりとしたお家に住んでみたいなぁと、夫とよく言っています。そして家の前に立つ外灯もとっても素敵!

屋根の上に雪が残っていますが、去年の冬はとっても寒く、雪がたくさん降ったんですよね。
今年の冬は、今のところ12月に1回降っただけ。ここ数日気温が下がってきて、朝は霜が降りるように
なりましたが、数日前まではそんなことも全くなく本当に穏やかな毎日でした。この先、雪は降るのでしょうか??


a0245112_6424152.jpg

この目を引く赤い建物の1階は、パン屋さんのようでした。でもこの日は日曜日だったため、お休み。やっていたら
入ってみたかったのに残念!


a0245112_6432021.jpg

あるアパートのエレガントなエントランス。


a0245112_643325.jpg

2回の窓のステンドグラスがとっても素敵です!!


a0245112_6434668.jpg

近くにあった教会。こちらはシンプルですが、教会って趣があって絵になりますよね。


a0245112_6435955.jpg

そしてこの建物は、昔、消防署だったようです(驚)。この緑の扉の向こうで消防車が待機していたんですね~。
消防署のイメージとはあまりにもかけ離れていて、不思議な感じです。昔の建物ってどうしてこう、曲線とか
装飾がたくさん施されていて素敵なんでしょう。

この日はこうやって、特に目的はなく、「素敵な家だね~」「わ~、これ消防署だったんだー」なんて言いながら
ただ住宅地を歩いていただけですが、とても楽しかったです♪
これは昔から私達夫婦の趣味?の一つで、何も予定がない休日は、よくこんなことをしています。
今度はどこの住宅地へお散歩に行こうかな?



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
# by blumchen | 2012-01-15 07:26 | フライブルクの街並み・風景

一生ものの木製ティッシュケース

a0245112_5405969.jpg


約16年前にドイツで買ったティッシュケース。
購入以来途切れることなくずっと使っていますが、全く飽きず、それどころか今でも「素敵だなぁ」とほれぼれ
見とれてしまいます。

当時、初めてのドイツ短期留学でミュンヘンに1ヶ月間滞在していました。
高級食材店ダルマイヤーと州立歌劇場の中間くらいにあった雑貨屋さんに一人で入り、このティッシュケースと
ブンツラウアー陶器に一目惚れし、迷わず購入。ティッシュケースは確か120マルクくらいで、当時のレートで
換算して8500円くらいだったと思います(記憶が正しければ・・・)。
まだ大学生だった私にはずいぶん高価なティッシュケースでしたが、本当に気に入ってしまい「これは買うしかない!」と、
あまり迷わなかったですね~。

a0245112_5411792.jpg


素敵なフォルムの木製ケースに、手描きの花模様。色使いが細かく、とても丁寧に描かれていて、このクオリティで
この値段は全然高くない、と思えました。年を重ねた今でも(笑)そう思います。

ただドイツと日本のティッシュの箱のサイズが僅かに異なり、日本のティッシュは箱のままだとこのケースに
入りませんでした。なので日本にいた頃は、箱からティッシュを出して直接ケースに入れていました。
というか、このケースは底がないので、ティッシュにケースをかぶせていました。

その他に、ブンツラウアー陶器のマグカップ2個とポットを買ったのですが、それは私にとって運命の出会い
だったわけです。その8年後には、このとき一目惚れしたブンツラウアー陶器のオンラインショップ
ブリュームヒェン」を始めることになるわけですから・・・。

残念ながらその後、このお店はなくなってしまいましたが、今思うと本当に素敵な(私のツボの)ものが
置いてあったんですねぇ。

お店がなくなってしまったことは本当に残念ですが、こんな素敵な出会いを与えてくれたことに大感謝です!
このティッシュケースはきっと一生使い続けるだろうな、と思っています☆



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
# by blumchen | 2012-01-14 06:25 | 雑貨・陶器

子供の勘にドキッ

先日の「娘のチョコレート本格デビュー」の記事に載せた、サンタさん(ニコラウス)チョコレート。

a0245112_7165776.jpg←コレなんですが、これはニコラウスの日(12月6日)用に、
私達が唯一自分で買ったチョコレートでした。

12月6日の時点では、先日の記事にも書いたように、
まだチョコレートを食べたがらなかった娘。
サンタさんチョコには喜んでいましたが、遊ぶだけで
食べようとはしていませんでした。

このチョコの話は自分からは一切持ち出さないし、
全く興味もなかったようなので、数日前、夫と一緒に
食べちゃうことにしました。

「これは、あの子のために買ったチョコだから、私達が食べちゃまずいかなぁ・・・。」
「このチョコの存在なんて、とっくに忘れてるよ。食べちゃっても全く問題ナシ!」
と言いながら。

これはLindtの美味しいチョコレートなので、食べ忘れて賞味期限が切れてしまった!なんてことがないように
(経験多々あり・・・汗。何しろいつも大量のチョコレートなので・・・)というのもあって。

・・・が、12月6日に買ってから1ヶ月以上の間、娘が触れもしなかったチョコレート。よりによって私達が
食べてしまった翌日に突然、娘はつぶやきました。

「あのサンタさんのチョコレートはどこにあるの? サンタさんのチョコレート、たべたい!」と・・・・・・・・・・・・。

私、久々に本気で動揺してしまいましたよ。。。
まるで行動を全て見破られているような心境になりました。
ものすごく焦りながら、非常に不自然に話をそらす私。
でも運良く、突然話題を変えたにも関わらず、娘はその話題に乗ってきてくれました(ホッ)。

今後またサンタさんチョコのことを思い出すことがありませんように・・・。
でも今ではすっかりチョコ好き娘になってしまったので、思い出す可能性大です・・・(どうしよう~~)。



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
# by blumchen | 2012-01-13 08:28 | ドイツで子育て・子供の話

娘のマイブーム:アルファベットのお勉強

今、娘(3歳8ヶ月)がはまっていること。
それは、パパと一緒にアルファベットのお勉強をすること!

かなり前から文字を書くことには興味があったようで、大人の真似をしながらメモするフリをよくしていました。
でも文字は書けないので、ぐにゃぐにゃぐにゃっと何だか細かいものを適当に書いているだけ。それでも
楽しいみたいで、そんなことをしょっちゅうやっています。

今まではボールペンを使っていましたが、少し前に夫が鉛筆と消しゴムを与えたら、娘は鉛筆で書いたものが
消しゴムで消せるということに大喜び。その時から、本格的に「文字を書く」お勉強が始まりました。

以前から「学校」に強い憧れを持つ娘。最近は毎晩夕食のあと、パパが先生役、娘が生徒役で学校ごっこを
するのが日課となっています。学校ごっこはだいぶ前からよくやっていましたが、ひらがなやアルファベットの
読みを学ぶというものでした。まだ全部ではありませんが、だいぶ読めるようになってきたので、今は書くことを
習得したくてたまらないようです。

1週間ほど前、この頃はまだ書くお勉強は開始していなかったのですが、鉛筆を持った娘に夫が「”A”って
どうやって書くか分かる?」と何気なく聞いてみると、娘がいきなり一人で「A」と書いたので私達はびっくり!

a0245112_7264319.jpg←コレです。何の迷いもなく豪快に書いていました。
記念すべき、娘が初めて書いた文字!


a0245112_727978.jpg「O」はカンタンですね♪


a0245112_7273576.jpg「E」も書けています。
今ではもうちょっとはみ出さずに上手に書けるようになりました。


a0245112_7274983.jpg

これは日付。「10.1.2012(2012年1月10日)」。
数字はこのとき初めて書いたのでカーブがある「2」は難しく、パパに手伝ってもらいながら書いていました。


学校ごっこをする時は、パパは「Herr Müller(ミュラー先生)」、娘は「Alissa(アリサ)」とか「Elisa(エリザ)」
という名前になります(笑)。夫がつい本名で娘のことを呼ぶと、「Alissa!」と必ず訂正します。これ、娘の
こだわりのようです(笑)。

一度、ひらがなを書く練習もしたいと申し出があり、ちょっとやってみましたが、ひらがなを書くのはかなり
難しいですね~。3歳児にはまだ無理だなぁと思いました。

ドイツではそんなに早くから文字の勉強をすることはあまりないようで、学校によっては学区内の幼稚園に、
「幼稚園ではまだ文字を教えないように。間違って覚えると、あとで直すのが大変だから。」というところも
あると聞きました。でも本人がこんなに学びたがっているのだから、丁寧に教えるようにしています。
ちなみに娘が通う幼稚園では、アルファベットも少し教えるようです。

a0245112_15305564.jpgお勉強たのしー♪



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
# by blumchen | 2012-01-12 08:13 | ドイツで子育て・子供の話

アルザスの小さな町、リボヴィレ(Ribeauville)

先日、アルザスの美しい村リクヴィールをご紹介しましたが、この村を後にしたあと、もう一つ近くの町を
訪れていました。リボヴィレ(リボーヴィレ)という町です。

a0245112_752043.jpg


リクヴィールの村の様子を最後に丘の上から眺めたことを先日の記事に書きましたが、その後、こんな道を
車で走ってリボヴィレへと向かいました。のどかでいい景色ですよね~。



a0245112_755874.jpg


リボヴィレの町が見えてきました。すぐそこにはもちろんブドウ畑。あっ気球が飛んでいます!



a0245112_763920.jpg


車を止めて町に入っていくと、汽車の形をしたミニ観光バスが走っていました。
ドイツでもこのタイプの観光バスは最近よく見かけますが、フランスにもあるんですね~。
これと全く同じバスがリクヴィールの町の入り口でも待機しているのを見ましたが、もしかしたら両町の間を
往復していたりするのかな??(実際はどうか分かりません。)



a0245112_772280.jpg


リクヴィールは人口1200人ちょっとの本当に小さな村ですが、リボヴィレは人口4800人以上。
こんな街並みを見ると、リクヴィールより規模が数倍大きいことが分かります。



a0245112_774257.jpg


目を引く食料品店!



a0245112_7861.jpg


可愛いピンクと緑の建物が並んでいます。この二つの色は私が一番好きな色の組み合わせなので、
「うわぁ~かわいい~~!」と思わずパチリ。



a0245112_782264.jpg


建物の間から山の上に立つ古城が見えます。時間があったらお城へも行ってみたかったなぁ。




a0245112_784479.jpg


リボヴィレに向かったのがすでに遅い時間で、もう薄暗くなってきてしまったので、この広場まで来たところで
散策終了。薄暗いし冷え込んできたし、たくさん歩いて疲れていたので、リボヴィレはささっとメインストリートを
一往復したのみなので、他にどの位見るところがあるのか分かりませんが、ここもかなり観光地化されている
雰囲気でした。それがリクヴィールと同じく個人的には残念だなぁと思ってしまいましたが、古くて可愛い
建物がぎっしり立ち並んでいる町でした♪



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
# by blumchen | 2012-01-10 08:26 | 旅行・お出かけ(フランス・スイス)