ドイツ南西部にある町フライブルクで、夫と2人の子供たちと暮らしています。


by blumchen

プロフィールを見る
画像一覧

プロフィール

2000年夏よりドイツ在住。2004年~2017年11月まで、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を運営していました。現在は、バイオリン店を経営する夫の事業に本格的に携わることになり、その準備中です。


★過去のブログ(2005~2011年)は→コチラ。旅行写真など満載です♪

Facebook


※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。


著書




ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)

「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」

カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪

全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスなどで発売中。執筆話など詳しくはこちらのブログ記事に掲載しています。

最新の記事

ワッフルのアップルムース添え
at 2018-04-20 17:19
新緑の季節
at 2018-04-17 17:00
バイオリン工房のオープニング..
at 2018-04-11 05:53
フライブルクマラソンは、はず..
at 2018-04-09 05:45
春の訪れを感じた週末
at 2018-03-26 21:48

カテゴリ

全体
ドイツ生活
ドイツ料理・ドイツのレストラン
ドイツのスイーツ
ドイツパン
フライブルクの街並み・風景
フライブルク周辺(郊外の町・黒い森など)
ドイツのお祭り・イベント
旅行・お出かけ(ドイツ)
旅行・お出かけ(フランス・スイス)
雑貨・陶器
お店のこと
ドイツの食べ物
ドイツのかわいい!素敵!
いつものゴハン・おやつ
ドイツで子育て・子供の話
ドイツで妊婦生活
音楽
ひとりごと
ブリュームヒェンからのお知らせ
バイオリン工房
未分類

タグ

検索

画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

ライフログ

ブログパーツ

ブログジャンル

海外生活
雑貨

ファン

フォロー中のブログ

じゃがいもごはん
木の葉の旅路
ゆうこのつれづれ日記 i...
Regenbogen★虹...

その他のジャンル

カテゴリ:ドイツで子育て・子供の話( 49 )

無事出産しました!!

前回の記事をアップしてから更新できないまま時は流れ・・・
ついに出産の日を迎えてしまいました! それももう先月の話です。

今回の妊娠は、切迫流産、切迫早産と続き、ほとんどの期間を安静にして過ごさなければならず、このブログでも
たくさんの方にお気遣いのメッセージをいただきましたが、無事、元気な男の子を出産することができました。
みなさま、どうもありがとうございました!

妊娠初期にはあまりに出血の状況がひどいので、婦人科の先生から「もつか分からない」と厳しい表情で言われたことが、
つい昨日のことのように感じますが、一方で、何だかずっとずっと昔のことのようにも思えます。
切迫流産になった昨年秋からの約7ヶ月間、本当に長かったです。

もしかしたら流産してしまうかもしれない、と本気で心配し、涙を流していた日々のことを思い出すと、今この手に
愛おしい我が子を抱くことができているのが本当に夢のようです。

「夢みたい」とか、「幸せをかみしめる」っていうのは、こういうことかと、しみじみと実感しています。

出産を間近に控えたある日、知り合いのママさんが「今までよく頑張ったね!あとちょっとでゴールだね!」と
言って、いろいろあった妊娠期間がようやく終わることを一緒に喜んでくれましたが、「ゴール」という言葉は
今の私の心境にぴったりだなと思いました。

周囲の人たちに、物理的にも精神的にも本当にたくさんたくさん助けてもらって生むことのできた息子。
出産は帝王切開だったのですが、手術には総勢14名のスタッフが関わっていたと夫から聞きました。
妊娠期間にしても、出産時にしても、本当にたくさんの人がひとつの命を守るために力を尽くしてくれたということに、
ただただ感謝するばかりです。

娘の時は、順調にお産が進行していたものの、最後の最後で緊急帝王切開に切り替えざるを得ない状況となり、
その経緯から今回は予定帝王切開で生むことになったのですが、手術台に上るのは本当に恐怖でした。
前回は激しい陣痛で意識ももうろうとしていたため、帝王切開への恐怖心など持つ余裕も全くなかったのですが、
今回は意識がしっかりとした状況で麻酔を打たれ、メスを入れられるということが怖くて怖くて。

間もなく手術開始というとき、私の恐怖心や緊張は頂点に達してしまい、また、お腹の中の命を守るために
祈りながら毎日自分の体を大事に大事に生活してきたことを思い出し、そしてその危うい状態もいよいよ終わり、
ようやく出産までたどり着けたという安堵感や幸福感でもう感情があふれてどうにかなってしまいそうな状況に、
赤ちゃんを取り上げてくれることになっていた助産婦さんが気づいたのか、「大丈夫よ、全てうまくいくわよ。
もうすぐBabyに会えるからね。」ととても優しく声をかけてくれたことはきっと一生忘れないと思います。

この助産婦さんと、手術中ずっと私の耳元で手術の進行状況を伝えたり、私の具合が良いかどうか常に気にかけて
くれた麻酔科の女医さんは、本当に優しく、手術中の私の大きな支えとなってくれました。

元気な産声を上げて生まれた息子は、体重も順調に増え、すくすく育っています。
4年ぶりの授乳とオムツ替えに明け暮れる日々はとても新鮮で、今のところ娘より楽な赤ちゃんなので(二人目って
楽なことが多いようですね)、毎日を楽しんでいます。睡眠不足はやっぱりキツイですが・・・。

あ、今、息子が起きました。
ということで、また折を見てブログの更新もしていきますね♪

↓、生後2時間のときに撮った写真です。

a0245112_223116.jpg



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2012-06-17 22:14 | ドイツで子育て・子供の話

ママのお腹の赤ちゃん

a0245112_23303570.jpg
1月に、娘が幼稚園で描いてきた絵です。(3歳9ヶ月)

ママ(私)のお腹の中に、小さな赤ちゃんがいます。
これを見た時は、感激しました! 赤ちゃんがお腹の中にいるということをちゃんと理解していて、それをこうやって
表現してくれることは、親としてとても嬉しいです。

先生も喜んでくれたのか、「Mama, mit Baby im Bauch (お腹に赤ちゃんがいるママ)」というタイトルを
書いてくれてあります。


a0245112_23374644.jpg
右上のマルは耳(Ohren)、左のマルは手(Hände)、と、先生に書いてと娘がお願いしたよう。

今では手足は長く、それなりに見えるように書いているのですが(手の指も)、2ヶ月前は手も足も耳も全て
ただのマルで表現していたんだなぁと、久しぶりにこの絵を見て驚きました。たった2ヶ月で描ける絵もずいぶん
違ってくるんですねぇ。

娘とお腹の赤ちゃんがご対面する日が、本当に楽しみです。



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2012-03-12 23:49 | ドイツで子育て・子供の話

お姫様に変身!カーニバル

先日の切迫流産についての記事では、たくさんのコメントをいただきありがとうございます。とても勇気付けられ、
温かい気持ちになりました。あと4ヶ月、できるだけ穏やかに過ごして元気な赤ちゃんを産みたいと思います!


a0245112_541346.jpgさて、今日(木曜日)からカーニバル週間スタートです! 子ども達はみんな
仮装をして幼稚園へ。少し前にカーニバルの衣装について書きましたが、
やはり本人の希望で娘はお姫様になりました。もうこれ以外考えられない!
ってくらい、お姫様になりたくて仕方がなかったようです。

この衣装は、何でも揃う大型スーパーで10ユーロにて購入。娘はこれを見た
瞬間、「○○ちゃん、これ着たい!!お姫様のお洋服がいい!!」と即決。これに
別売りのティアラとイアリングと、あとこれ、なんて言うんでしょう? 娘が手に
持っているお花のついた棒、をコーディネートしました。見事に全てピンク!
他の色もあったのですが、今娘はピンク命なので(笑)、色に関しても絶対に
譲りませんでした。

a0245112_5414653.jpg←これがティアラ。こういうのコーディネートするのは、夫の方が積極的です。
私はドレスがあればそれでいいよね~なんて軽く考えていたのですが、
夫はドレスに合わせて小物を一生懸命探していました。これらの小物、
全て夫が見つけたものです。髪の毛も、「サイドを三つ編にして、それを
後ろで束ねよう」と提案してきました。これに関しても私は「いつも通りの
何もしない髪形で、ティアラつければ十分かわいいよね~」と思っていた
のですが・・・(苦笑)。

でも小物に関しても髪型に関しても、夫の言うとおりにして全て正解でした!
(三つ編したのは私ですけどね。笑)。ま、カーニバルの仮装に関しては、ドイツ人である夫の方がよく知って
いるわけですからね~。幼稚園児がみんなどんな仮装をするのか、私はあまり想像もつかないのです(言い訳?笑)。

だからこそ、今日も幼稚園でみんなの様子を見たいと思っていたのですが、お腹の張りが強くて外に出るのは
断念・・・。切迫流産になってから娘のお迎えは夫か友達にお願いしていて、ようやく最近外出もできるように
なってきていたのですが、今週はなぜかお腹の張りが強くなってしまって、大事をとって動くのを控えています。

明日金曜日も仮装して登園していいことになっていて、娘はまたお姫様になれるのを楽しみにしています。
安物の衣装なので、今日半日着ていただけで、いろんな所がほつれていましたが(苦笑)、まあ数回着るだけ
なのでこれで十分です。クライマックスは来週の月曜日。各町でパレードが行われるので、体調が良ければ
見に行きたいな~と思っています♪


↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2012-02-17 06:29 | ドイツで子育て・子供の話

娘のドイツ語と日本語の習得状況

a0245112_7341984.jpg

ひらがなの積み木でお勉強中の娘。こういう積み木っていいですよね。遊びながら覚えられて。


a0245112_7343195.jpg

「ぜんぶできた~!」
ところどころ私が教えてあげましたが、知らないうちにけっこう覚えているものなんですね。
よく見ると、「い」と「し」が逆さまですが(笑)。

現在3歳9ヶ月の娘。ドイツ語と日本語の割合は、ちょうど半々くらいです。
私は娘とは徹底して日本語のみで会話。夫は日本語はできないので、自然とドイツ語のみでの会話になります。
(ただ、夫も娘と共に、めきめきと日本語のボキャブラリーを増やしていますが・・・笑。)

私はこの「徹底して日本語のみで会話する」ということが、最初はできませんでした。娘が生まれる前までは、
家庭の中ではドイツ語のみの世界だったわけです。だから、娘が生まれたからと言って、突然家の中で日本語を
話すということに違和感があって、自然と娘に対してもドイツ語を使ってしまうことがよくありました。

でもこれが影響して、娘が言葉を覚え始めた頃、明らかにドイツ語の方が多かったので、急に危機感を感じ
私は娘とは日本語オンリーで話すよう努力し始めました。でもこれ、なかなか難しかったです。

日本に一時帰国したとき、周りは日本語を話す人しかいないので、その環境の中で私も娘とは「日本語のみで
話す」ということに慣れることができました。私自身がトレーニングしたわけです。

それからは娘の日本語力は順調にぐんぐん伸び、ずっとドイツ語と日本語半々というバランスが続いています。
娘にとっては、「ママとは日本語で話す」のが当然のことなので、私の顔を見ると自動的に日本語に切り替わるようです。
これが、「徹底して日本語のみで会話する」ことの大切さを物語っています。「ママ=日本語」なので、いくら今まで
ドイツ語を話していても、周りがドイツ人だらけでも、私に対しては一切ドイツ語を発しません。
娘は私がドイツ語を話せることを知っているし、夫との会話はドイツ語のみなので、私がドイツ語を話している
ところを毎日見聞きしているのですが、この辺り、不思議ですね~。

ただこれが、いつまで続いてくれるか。
小学生くらいになると、日本語=他の子たちとは違う言葉、を話すことを拒否するケースがよくあると聞いていますし、
日本人(またはハーフ)のお友達ともそのうちドイツ語で会話するようになるのが普通みたいですし・・・。

ドイツの学校に通うのだから、しっかり勉強する上でドイツ語がとても大事なのは当然だけれど、日本人の私
としては、我が子とこのまま日本語で会話をしたい、というのが願いでもあります。

文字の読みの方は、現在のところ日本語の方ができています。それは、上の写真の積み木のおかげかな?
この積み木は2歳の頃、実家の母が日本から送ってくれて、その時からずっと目に触れる場所に置いてあるので
自然に覚えた、というのが大きいです。

アルファベットの勉強については先日ブログに書きましたが、この時まで一切教えたことはなかったので、
まだまだこれからという感じです。

ただ語彙力は、ドイツ語の方が少し多いかな?と最近感じています。「話す力」(文法とか言い回し)は両方
同じくらいですが、単語はドイツ語は知っていても日本語は知らない、というケースが少し出てきている気がします。
「○○って日本語で何ていうの?」と聞いてくることの方が、逆より多いので。

これは幼稚園の影響が大きいのでしょうね。幼稚園では先生やお友達など大勢のいろんな人が話すドイツ語を
聞いているけど、日本語は基本的に私が発する言葉から覚えているので、語彙の幅が狭くて当然なのだろうな
と思います。

・・・と、気づいたらかなり長文になっていました(笑)。ハーフの子供を持つ親にとって、「2ヶ国語のバランス」は、
奥が深く、悩ましいテーマなのです~~。



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2012-01-27 08:24 | ドイツで子育て・子供の話

1歳の時はウサギさんに仮装しました

もうすぐカーニバル。今年は2月20日前後なので、もう1ヶ月を切ってしまいました。
娘の衣装を用意しなくては~~。カーニバルの日は幼稚園に仮装して行くのですが、今年、娘は初めて本格的に
カーニバルを体験します。

去年はまだ保育園に通っていて、そこでも仮装はするのですが、ちょうど日本に一時帰国していたので
カーニバルに触れることは一切ありませんでした。

2年前には、一応とっても簡単な仮装をして保育園に行ったのですが、まだ1歳だったので本人は覚えていません。
(たぶん・・・)


a0245112_7372466.jpg a0245112_7373762.jpg

これがその時の写真です。
ウサギさんの耳としっぽをつけて、顔には鼻とひげを描きました。これだけの簡単な仮装でも、親の私達は
「かわいい~」と思ったものです(親バカ・笑)。

親や保育士さんたちは「かわいい~」と盛り上がりましたが、本人達はまだ小さすぎてよく分けが分からない
様子だったかな。娘は「ワタシ、ウサギさんになっちゃった~」とくらいは思ったようで、鏡を覗き込んだりは
していましたが。

今年の衣装はお姫様系かな、と思っています。本人とはまだカーニバルについて話していませんが、娘は今、
大のお姫様好きのワンピース好きで、ピンクのふわふわのドレスを着たいであろうことは、もう予測がつきます。

最近はスーパーのチラシでもカーニバルの衣装が出始めているし、インターネットでちょっと見てみましたが、
もうすでに売り切れ商品も出ているし、ちょっと焦ってきました~。

全然関係ないですが、上の写真を2年前の画像フォルダから探していたとき、↓こんな写真も見つけました~。

a0245112_7374882.jpg a0245112_7375910.jpg

私のブーツを履く1歳の娘の図、です(笑)。
このとき、どうしても履きたがったんですよね。そして、数歩歩いてとても満足げでした。
そういえば1歳の頃ってブーツに限らず、よく私の靴を履いて嬉しそうにしていたなぁと、今思い出しました。
何でもママの真似をしたい時期だったのかな?
こんなスナップ写真も、親の私たちにとっては良い思い出です♪



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2012-01-26 08:46 | ドイツで子育て・子供の話

娘が赤ちゃんだった頃を思い出して・・・

a0245112_8155557.jpg

これは娘が生まれたとき、友達がプレゼントしてくれたオルゴール。Sterntaler(シュテルンターラー)という
メーカーのものなのですが、とても優しい音色とメロディで、娘が赤ちゃんの頃は愛用していました。

そのうち赤ちゃん期を卒業して、オルゴールというものを使わなくなってからかなり経ちますが、今日娘が
このオルゴールをおもちゃ箱から見つけて遊び始めたのです。

久しぶりにあの優しい音色を聞いたら、娘が赤ちゃんだった頃の情景がパーッとよみがえってきて、ウルウル
してしまいました。。。 もう3年半も前のことですが、当時よく聞いていたメロディを聞くと、あの頃にタイムスリップ
してしまうんですよねぇ。

当時のことをいろいろ思い出しながら、「あぁ、赤ちゃんだった娘にはもう二度と会えないんだなぁ・・・」なんて
当たり前のことを思ったりして、何だか涙ぐんでしまったのでした。娘の成長はもちろんこの上なく嬉しいんですが、
すごいスピードでどんどん大きくなっていってしまうので、それがちょっと寂しかったりもするんですよね。

3歳児であるのも今だけ。娘との毎日の時間を大切に過ごさなきゃ、と改めて思いました。


a0245112_8261669.jpg

こんな風にプレイジムにオルゴールをかけて使っていました。娘が3ヶ月のときの写真です。ちっちゃかったなぁ!



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2012-01-24 08:57 | ドイツで子育て・子供の話

子供の勘にドキッ

先日の「娘のチョコレート本格デビュー」の記事に載せた、サンタさん(ニコラウス)チョコレート。

a0245112_7165776.jpg←コレなんですが、これはニコラウスの日(12月6日)用に、
私達が唯一自分で買ったチョコレートでした。

12月6日の時点では、先日の記事にも書いたように、
まだチョコレートを食べたがらなかった娘。
サンタさんチョコには喜んでいましたが、遊ぶだけで
食べようとはしていませんでした。

このチョコの話は自分からは一切持ち出さないし、
全く興味もなかったようなので、数日前、夫と一緒に
食べちゃうことにしました。

「これは、あの子のために買ったチョコだから、私達が食べちゃまずいかなぁ・・・。」
「このチョコの存在なんて、とっくに忘れてるよ。食べちゃっても全く問題ナシ!」
と言いながら。

これはLindtの美味しいチョコレートなので、食べ忘れて賞味期限が切れてしまった!なんてことがないように
(経験多々あり・・・汗。何しろいつも大量のチョコレートなので・・・)というのもあって。

・・・が、12月6日に買ってから1ヶ月以上の間、娘が触れもしなかったチョコレート。よりによって私達が
食べてしまった翌日に突然、娘はつぶやきました。

「あのサンタさんのチョコレートはどこにあるの? サンタさんのチョコレート、たべたい!」と・・・・・・・・・・・・。

私、久々に本気で動揺してしまいましたよ。。。
まるで行動を全て見破られているような心境になりました。
ものすごく焦りながら、非常に不自然に話をそらす私。
でも運良く、突然話題を変えたにも関わらず、娘はその話題に乗ってきてくれました(ホッ)。

今後またサンタさんチョコのことを思い出すことがありませんように・・・。
でも今ではすっかりチョコ好き娘になってしまったので、思い出す可能性大です・・・(どうしよう~~)。



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2012-01-13 08:28 | ドイツで子育て・子供の話

娘のマイブーム:アルファベットのお勉強

今、娘(3歳8ヶ月)がはまっていること。
それは、パパと一緒にアルファベットのお勉強をすること!

かなり前から文字を書くことには興味があったようで、大人の真似をしながらメモするフリをよくしていました。
でも文字は書けないので、ぐにゃぐにゃぐにゃっと何だか細かいものを適当に書いているだけ。それでも
楽しいみたいで、そんなことをしょっちゅうやっています。

今まではボールペンを使っていましたが、少し前に夫が鉛筆と消しゴムを与えたら、娘は鉛筆で書いたものが
消しゴムで消せるということに大喜び。その時から、本格的に「文字を書く」お勉強が始まりました。

以前から「学校」に強い憧れを持つ娘。最近は毎晩夕食のあと、パパが先生役、娘が生徒役で学校ごっこを
するのが日課となっています。学校ごっこはだいぶ前からよくやっていましたが、ひらがなやアルファベットの
読みを学ぶというものでした。まだ全部ではありませんが、だいぶ読めるようになってきたので、今は書くことを
習得したくてたまらないようです。

1週間ほど前、この頃はまだ書くお勉強は開始していなかったのですが、鉛筆を持った娘に夫が「”A”って
どうやって書くか分かる?」と何気なく聞いてみると、娘がいきなり一人で「A」と書いたので私達はびっくり!

a0245112_7264319.jpg←コレです。何の迷いもなく豪快に書いていました。
記念すべき、娘が初めて書いた文字!


a0245112_727978.jpg「O」はカンタンですね♪


a0245112_7273576.jpg「E」も書けています。
今ではもうちょっとはみ出さずに上手に書けるようになりました。


a0245112_7274983.jpg

これは日付。「10.1.2012(2012年1月10日)」。
数字はこのとき初めて書いたのでカーブがある「2」は難しく、パパに手伝ってもらいながら書いていました。


学校ごっこをする時は、パパは「Herr Müller(ミュラー先生)」、娘は「Alissa(アリサ)」とか「Elisa(エリザ)」
という名前になります(笑)。夫がつい本名で娘のことを呼ぶと、「Alissa!」と必ず訂正します。これ、娘の
こだわりのようです(笑)。

一度、ひらがなを書く練習もしたいと申し出があり、ちょっとやってみましたが、ひらがなを書くのはかなり
難しいですね~。3歳児にはまだ無理だなぁと思いました。

ドイツではそんなに早くから文字の勉強をすることはあまりないようで、学校によっては学区内の幼稚園に、
「幼稚園ではまだ文字を教えないように。間違って覚えると、あとで直すのが大変だから。」というところも
あると聞きました。でも本人がこんなに学びたがっているのだから、丁寧に教えるようにしています。
ちなみに娘が通う幼稚園では、アルファベットも少し教えるようです。

a0245112_15305564.jpgお勉強たのしー♪



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2012-01-12 08:13 | ドイツで子育て・子供の話

娘のチョコレート本格デビュー

アドヴェントからクリスマスにかけて、本当にこれでもかというくらいもらったチョコレート。
ほとんどが身内からですが・・・。これらの大量のチョコレートも、最近だいぶ残り少なくなってきました。
(私と夫がせっせと食べたから。笑)

a0245112_565572.jpg


甘いもの大好きな娘ですが、私達ができるだけ与えないようにセーブしてきたため、実際に食べている量は
他の3歳児の子達に比べてかなり少ないと思います。

初めて食べた甘いものはケーキだったと思いますが、これが2歳ちょっと過ぎの頃。
(1~2歳用の甘さ控えめのオーガニッククッキーは1歳の頃からあげていましたが・・・。)
日本に一時帰国していて、普段と違う環境でそういったものを食べる機会が自然と多くなり、
もうごまかせなかったんですね~。

それ以来、ケーキは時々家族みんなで楽しんでいましたが、その他のお菓子やアイスはまだセーブしていました。
本格的にアイスデビューしたのは去年の夏(3歳過ぎ)だったかな?

朝食時には、私達がいつも食べているジャムやはちみつが食卓に並んでいますが、娘はなぜか
「ジャムは大人が食べるもの」と思い込んでいて、はちみつだけ薄~くパンに塗って食べていました。
私達はそんなこと言った覚えはないのですが、まあ本人がそう思ってるならそういうことにしておこうと、
特に否定もせずにいました(笑)。はちみつの他、クリームチーズを塗るのも大好きです。(クリームチーズは
甘くないから、親としては大歓迎♪)

でもその思い込みも、つい最近終了してしまいました。ベルリーナー(ジャム入りの揚げパン)を食べる
機会があり、まあ私達ももう無理やり阻止する必要もないかなということで、娘もしっかり食べてしまったのです。
その時にジャムの美味しさを知り、翌朝からジャムをパンに塗りたがるように・・・。

メインはミュースリー(シリアル)で、パンはいつもサイドメニュー的にちょこっと食べる程度なのですが、
毎朝嬉しそうにジャムをちょこっと塗って幸せそうにほおばっています。

チョコレートに関しては、2歳の頃少しあげたりしたのですが、苦味を感じるのか本人が好まないようで、
ラッキーなことに今までずっとチョコレートフリーできていました。美味しいような気もするけど、ちょっと微妙・・・
という感じで、誰かからチョコをもらうと私達にいつもくれていたのです。
「○○ちゃん、大きくなったらチョコレート食べる!」と言って(笑)。

でも3歳8ヶ月で迎えた今年のクリスマス。もういろいろなことが分かったり考えたりすることができる年に
なっていて、あれだけの量のチョコレートを毎日目にしていたら、本人も挑戦せざるを得ない心境に徐々に
なってきたようで、何度か一口かじってみたりしていました。こうなるともう、洗脳ですよね(苦笑)。

何度か挑戦しているうちに味に慣れてきたみたいで、クリスマスが終わる頃にはすっかりチョコレート好きに。
毎日のように食べたがるので、ほんの少しずつあげています。月曜からは幼稚園が始まり、また普通の
生活に戻るので、クリスマスのチョコレートたちは全て片付けるつもりですが・・・。目に見えるところにあると、
食べたくなって当然ですからね~。

それにしてもこのクリスマスシーズンのチョコレート攻撃。元々好きでない子供もチョコ好きにしてしまうんだから、
すごいものがあります。。。
ま、もうこの年だし、特に問題はないんですけれどね。これからは親子でチョコを楽しみます♪



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2012-01-08 06:14 | ドイツで子育て・子供の話