ドイツ南西部にある町フライブルクで、夫と2人の子供たちと暮らしています。


by blumchen

プロフィールを見る
画像一覧

プロフィール

2000年夏よりドイツ在住。2004年~2017年11月まで、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を運営していました。現在は、バイオリン店を経営する夫の事業に本格的に携わることになり、その準備中です。


★過去のブログ(2005~2011年)は→コチラ。旅行写真など満載です♪

Facebook


※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。


著書




ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)

「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」

カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪

全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスなどで発売中。執筆話など詳しくはこちらのブログ記事に掲載しています。

最新の記事

新緑の季節
at 2018-04-17 17:00
バイオリン工房のオープニング..
at 2018-04-11 05:53
フライブルクマラソンは、はず..
at 2018-04-09 05:45
春の訪れを感じた週末
at 2018-03-26 21:48
上に立つ人の役割
at 2018-03-23 02:37

カテゴリ

全体
ドイツ生活
ドイツ料理・ドイツのレストラン
ドイツのスイーツ
ドイツパン
フライブルクの街並み・風景
フライブルク周辺(郊外の町・黒い森など)
ドイツのお祭り・イベント
旅行・お出かけ(ドイツ)
旅行・お出かけ(フランス・スイス)
雑貨・陶器
お店のこと
ドイツの食べ物
ドイツのかわいい!素敵!
いつものゴハン・おやつ
ドイツで子育て・子供の話
ドイツで妊婦生活
音楽
ひとりごと
ブリュームヒェンからのお知らせ
バイオリン工房
未分類

タグ

検索

画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

ライフログ

ブログパーツ

ブログジャンル

海外生活
雑貨

ファン

フォロー中のブログ

じゃがいもごはん
木の葉の旅路
ゆうこのつれづれ日記 i...
Regenbogen★虹...

その他のジャンル

無事出産しました!!

前回の記事をアップしてから更新できないまま時は流れ・・・
ついに出産の日を迎えてしまいました! それももう先月の話です。

今回の妊娠は、切迫流産、切迫早産と続き、ほとんどの期間を安静にして過ごさなければならず、このブログでも
たくさんの方にお気遣いのメッセージをいただきましたが、無事、元気な男の子を出産することができました。
みなさま、どうもありがとうございました!

妊娠初期にはあまりに出血の状況がひどいので、婦人科の先生から「もつか分からない」と厳しい表情で言われたことが、
つい昨日のことのように感じますが、一方で、何だかずっとずっと昔のことのようにも思えます。
切迫流産になった昨年秋からの約7ヶ月間、本当に長かったです。

もしかしたら流産してしまうかもしれない、と本気で心配し、涙を流していた日々のことを思い出すと、今この手に
愛おしい我が子を抱くことができているのが本当に夢のようです。

「夢みたい」とか、「幸せをかみしめる」っていうのは、こういうことかと、しみじみと実感しています。

出産を間近に控えたある日、知り合いのママさんが「今までよく頑張ったね!あとちょっとでゴールだね!」と
言って、いろいろあった妊娠期間がようやく終わることを一緒に喜んでくれましたが、「ゴール」という言葉は
今の私の心境にぴったりだなと思いました。

周囲の人たちに、物理的にも精神的にも本当にたくさんたくさん助けてもらって生むことのできた息子。
出産は帝王切開だったのですが、手術には総勢14名のスタッフが関わっていたと夫から聞きました。
妊娠期間にしても、出産時にしても、本当にたくさんの人がひとつの命を守るために力を尽くしてくれたということに、
ただただ感謝するばかりです。

娘の時は、順調にお産が進行していたものの、最後の最後で緊急帝王切開に切り替えざるを得ない状況となり、
その経緯から今回は予定帝王切開で生むことになったのですが、手術台に上るのは本当に恐怖でした。
前回は激しい陣痛で意識ももうろうとしていたため、帝王切開への恐怖心など持つ余裕も全くなかったのですが、
今回は意識がしっかりとした状況で麻酔を打たれ、メスを入れられるということが怖くて怖くて。

間もなく手術開始というとき、私の恐怖心や緊張は頂点に達してしまい、また、お腹の中の命を守るために
祈りながら毎日自分の体を大事に大事に生活してきたことを思い出し、そしてその危うい状態もいよいよ終わり、
ようやく出産までたどり着けたという安堵感や幸福感でもう感情があふれてどうにかなってしまいそうな状況に、
赤ちゃんを取り上げてくれることになっていた助産婦さんが気づいたのか、「大丈夫よ、全てうまくいくわよ。
もうすぐBabyに会えるからね。」ととても優しく声をかけてくれたことはきっと一生忘れないと思います。

この助産婦さんと、手術中ずっと私の耳元で手術の進行状況を伝えたり、私の具合が良いかどうか常に気にかけて
くれた麻酔科の女医さんは、本当に優しく、手術中の私の大きな支えとなってくれました。

元気な産声を上げて生まれた息子は、体重も順調に増え、すくすく育っています。
4年ぶりの授乳とオムツ替えに明け暮れる日々はとても新鮮で、今のところ娘より楽な赤ちゃんなので(二人目って
楽なことが多いようですね)、毎日を楽しんでいます。睡眠不足はやっぱりキツイですが・・・。

あ、今、息子が起きました。
ということで、また折を見てブログの更新もしていきますね♪

↓、生後2時間のときに撮った写真です。

a0245112_223116.jpg



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2012-06-17 22:14 | ドイツで子育て・子供の話