ドイツ南西部にある町フライブルクで、夫と2人の子供たちと暮らしています。


by blumchen

プロフィールを見る
画像一覧

プロフィール

2000年夏よりドイツ在住。2004年~2017年11月まで、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を運営していました。現在は、バイオリン店を経営する夫の事業に本格的に携わることになり、その準備中です。


★過去のブログ(2005~2011年)は→コチラ。旅行写真など満載です♪

Facebook


※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。


著書




ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)

「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」

カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪

全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスなどで発売中。執筆話など詳しくはこちらのブログ記事に掲載しています。

最新の記事

ワッフルのアップルムース添え
at 2018-04-20 17:19
新緑の季節
at 2018-04-17 17:00
バイオリン工房のオープニング..
at 2018-04-11 05:53
フライブルクマラソンは、はず..
at 2018-04-09 05:45
春の訪れを感じた週末
at 2018-03-26 21:48

カテゴリ

全体
ドイツ生活
ドイツ料理・ドイツのレストラン
ドイツのスイーツ
ドイツパン
フライブルクの街並み・風景
フライブルク周辺(郊外の町・黒い森など)
ドイツのお祭り・イベント
旅行・お出かけ(ドイツ)
旅行・お出かけ(フランス・スイス)
雑貨・陶器
お店のこと
ドイツの食べ物
ドイツのかわいい!素敵!
いつものゴハン・おやつ
ドイツで子育て・子供の話
ドイツで妊婦生活
音楽
ひとりごと
ブリュームヒェンからのお知らせ
バイオリン工房
未分類

タグ

検索

画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

ライフログ

ブログパーツ

ブログジャンル

海外生活
雑貨

ファン

フォロー中のブログ

じゃがいもごはん
木の葉の旅路
ゆうこのつれづれ日記 i...
Regenbogen★虹...

その他のジャンル

黒い森のカーニバル *エルツァッハ(Elzach)*

前回の記事からずいぶん時間が経ってしまいました・・・。
最近お腹の張りがひどくてブログも書けないでいたのです~。もうカーニバルが終わって1週間以上経って
しまいましたが、せっかくなので写真をアップしますね。

フライブルク郊外のエルツァッハ(Elzach)という町のパレードが、とても伝統的だと聞いたので見に行ってきました。
だいたいどんな感じか予想はついていたので、娘が怖がらないかと心配していたのですが・・・。

a0245112_18552684.jpg

エルツァッハの町に着いて車を止めていると、向こうからパレードの出番が終わった人たちが歩いてくるのが見えました。
娘は「ねずみさん??」と言って、ワクワクした様子。遠くからだと、この頭の形がネズミに見えたようです(笑)。
赤がメインですが、グレーの人もいたしね。

でも一人の人が車に近づいてきて、娘の側の窓を通りすがりにコンコンとノックしていった瞬間、娘の顔が
こわばりました。近くで見たら、ねずみさんなんかじゃなくって、何だかものすごい形相をした鬼のような悪魔のような
ものだと気づき、「○○ちゃん、やっぱり おうちにいたかった」とつぶやく娘・・・(苦笑)。

せっかく「パレード、パレード♪」と楽しみにしていたので、とてもかわいそうでしたが、わざわざここまで来たんだし
全く見ないで帰るのは残念すぎるので、「怖くないよ、大丈夫だよ!ほら、小さな子供たちもいっぱい見てるよ!」と
説得を試みるも、娘の顔はどんどん険しくなっていき、しまいにはシクシクと泣き出してしまいました。

でもしばらくすると、車を降りてパレードを見ることに同意してくれて、パパに抱っこしてもらいながら人だかりの方へ
近づいていくことに。


a0245112_18554231.jpg

おぉ~、何だかものすごく盛り上がっています。この町の衣装は、ひたすらこの赤と緑と頭についた大きな耳の
ようなもので統一されているんですね。これだけの人数の人がみんな同じ仮装をしていて、音楽に合わせて
踊ったり飛び跳ねたりしている様子は、ちょっと不気味でもありました。独特で、とっても興味深かったですけれどね。

a0245112_1856227.jpg

でも正直、私も怖かったです~(苦笑)。


a0245112_18562321.jpg

この容姿はもちろんなんですが、それに加えて、みなさんが持っている水風船のようなものが非常に怖くて・・・。
これ、なんと豚の膀胱なんですって! これをみなさんが振り回したり、地面に思い切りたたきつけたり、ちょっと
たちの悪い人は観客をこれで叩いたり・・・。お祭り騒ぎの中、そんな無礼講も許されちゃうような雰囲気でした。

妊婦の私は叩かれたり、ぶつかられたりしたら大変なので、後ろの方から見るにとどめておきました。

a0245112_18563854.jpg

ブラスバンドの演奏ももちろんあります。

a0245112_18565341.jpg

パレードの最後に、大きな車が登場。

a0245112_1857784.jpg

そしてパレードは終了となりました。

娘はずっと半泣きで見ていて、「帰ろう帰ろう」と言っていたので、約束していたベルリーナーはどこか別のところで
探すことに。本当はこの町でそのままベルリーナーや、焼きソーセージなどを食べることができれば良かった
んですけどねぇ。

でもこれ以上いても楽しめないので車に戻ると、パレードを終えて家に帰る人たちがまた車の横をたくさん
通り過ぎていきます。もう終わったと思ったのに、また間近で見ることになってしまったからか、娘はここで突然
号泣。。。 すると一人の仮装をした人が近づいてきて、「怖がらなくていいんだよ。みんな普通の人なんだから」と、
お面を取って、中には普通の人間の男の人が入っていることを見せてくれました。が、娘の泣き声は大きくなるばかり。
もう、急いでこの町を去るしかありませんでした。

あんなに怖い思いをしてトラウマになっちゃうかなぁ・・・と心配しましたが、町を出て少し走ると、わりとケロッと
していて、「あのお面、こわかったねぇ。○○ちゃん、こういうパレードすきじゃない!」と感想を述べていました(笑)。

そして翌日フライブルクのパレードを見て、「エルツァッハのはこわかったけど、これはこわくな~い!」と
はしゃいでいました。こういう体験って、子供なりに上手に消化するってことなんでしょうね~。

こういう伝統的なちょっと怖いパレードも見たし、フライブルクの和やかなパレードも楽しんだし、お姫様の衣装を
存分に着てお姫様になりきることもできたし、ベルリーナーもたくさん食べたし、娘にとって初めてのカーニバルは
とても楽しい思い出になったようです☆


↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2012-02-28 19:54 | ドイツのお祭り・イベント