ブンツラウアー陶器のオンラインショップ「ブリュームヒェン」を営む店主が、ドイツ暮らしを綴ります。


by blumchen

プロフィールを見る
画像一覧

プロフィール

2000年の夏からドイツで暮らしています。現在は、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を経営。ショップの仕事を通じて、ドイツの素敵なものたちの魅力にますますはまっていく日々です。

ドイツ陶器とヨーロッパ雑貨のお店 *ブリュームヒェン*

★詳しいプロフィールは→コチラ

★過去のブログ(2005~2011年)は→コチラ。旅行写真など満載です♪


Facebook


※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。


著書


ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)

「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」

カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪

全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスライブドアブックスなどで発売中。執筆話など詳しくはこちらのブログ記事に掲載しています。


ブリュームヒェンNews


ザイラー工房訪問記


▼新商品&再入荷商品

ブンツラウアー陶器
ボウル15cm

ブンツラウアー陶器
ボウル13cm

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
ソルト&ペッパー

ブンツラウアー陶器
ソルト&ペッパー

ブンツラウアー陶器
エスプレッソカップ

ショップ「ブリュームヒェン」トップページへ

最新の記事

一時帰国します
at 2017-05-26 06:53
自転車専用道路の整備を進める..
at 2017-05-23 18:33
ラジオ出演、無事終わりました!
at 2017-05-22 07:03
ラジオ生出演のお知らせ☆「ち..
at 2017-05-19 19:36
大改造中のフライブルク
at 2017-05-18 17:45

カテゴリ

全体
ドイツ生活
ドイツ料理・ドイツのレストラン
ドイツのスイーツ
ドイツパン
フライブルクの街並み・風景
フライブルク周辺(郊外の町・黒い森など)
ドイツのお祭り・イベント
旅行・お出かけ(ドイツ)
旅行・お出かけ(フランス・スイス)
雑貨・陶器
お店のこと
ドイツの食べ物
ドイツのかわいい!素敵!
いつものゴハン・おやつ
ドイツで子育て・子供の話
ドイツで妊婦生活
音楽
ひとりごと
ブリュームヒェンからのお知らせ
未分類

タグ

検索

画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

ライフログ

ブログパーツ

ブログジャンル

海外生活
雑貨

ファン

フォロー中のブログ

じゃがいもごはん
木の葉の旅路
ゆうこのつれづれ日記 i...
Regenbogen★虹...

その他のジャンル

<   2012年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

黒い森のカーニバル *エルツァッハ(Elzach)*

前回の記事からずいぶん時間が経ってしまいました・・・。
最近お腹の張りがひどくてブログも書けないでいたのです~。もうカーニバルが終わって1週間以上経って
しまいましたが、せっかくなので写真をアップしますね。

フライブルク郊外のエルツァッハ(Elzach)という町のパレードが、とても伝統的だと聞いたので見に行ってきました。
だいたいどんな感じか予想はついていたので、娘が怖がらないかと心配していたのですが・・・。

a0245112_18552684.jpg

エルツァッハの町に着いて車を止めていると、向こうからパレードの出番が終わった人たちが歩いてくるのが見えました。
娘は「ねずみさん??」と言って、ワクワクした様子。遠くからだと、この頭の形がネズミに見えたようです(笑)。
赤がメインですが、グレーの人もいたしね。

でも一人の人が車に近づいてきて、娘の側の窓を通りすがりにコンコンとノックしていった瞬間、娘の顔が
こわばりました。近くで見たら、ねずみさんなんかじゃなくって、何だかものすごい形相をした鬼のような悪魔のような
ものだと気づき、「○○ちゃん、やっぱり おうちにいたかった」とつぶやく娘・・・(苦笑)。

せっかく「パレード、パレード♪」と楽しみにしていたので、とてもかわいそうでしたが、わざわざここまで来たんだし
全く見ないで帰るのは残念すぎるので、「怖くないよ、大丈夫だよ!ほら、小さな子供たちもいっぱい見てるよ!」と
説得を試みるも、娘の顔はどんどん険しくなっていき、しまいにはシクシクと泣き出してしまいました。

でもしばらくすると、車を降りてパレードを見ることに同意してくれて、パパに抱っこしてもらいながら人だかりの方へ
近づいていくことに。


a0245112_18554231.jpg

おぉ~、何だかものすごく盛り上がっています。この町の衣装は、ひたすらこの赤と緑と頭についた大きな耳の
ようなもので統一されているんですね。これだけの人数の人がみんな同じ仮装をしていて、音楽に合わせて
踊ったり飛び跳ねたりしている様子は、ちょっと不気味でもありました。独特で、とっても興味深かったですけれどね。

a0245112_1856227.jpg

でも正直、私も怖かったです~(苦笑)。


a0245112_18562321.jpg

この容姿はもちろんなんですが、それに加えて、みなさんが持っている水風船のようなものが非常に怖くて・・・。
これ、なんと豚の膀胱なんですって! これをみなさんが振り回したり、地面に思い切りたたきつけたり、ちょっと
たちの悪い人は観客をこれで叩いたり・・・。お祭り騒ぎの中、そんな無礼講も許されちゃうような雰囲気でした。

妊婦の私は叩かれたり、ぶつかられたりしたら大変なので、後ろの方から見るにとどめておきました。

a0245112_18563854.jpg

ブラスバンドの演奏ももちろんあります。

a0245112_18565341.jpg

パレードの最後に、大きな車が登場。

a0245112_1857784.jpg

そしてパレードは終了となりました。

娘はずっと半泣きで見ていて、「帰ろう帰ろう」と言っていたので、約束していたベルリーナーはどこか別のところで
探すことに。本当はこの町でそのままベルリーナーや、焼きソーセージなどを食べることができれば良かった
んですけどねぇ。

でもこれ以上いても楽しめないので車に戻ると、パレードを終えて家に帰る人たちがまた車の横をたくさん
通り過ぎていきます。もう終わったと思ったのに、また間近で見ることになってしまったからか、娘はここで突然
号泣。。。 すると一人の仮装をした人が近づいてきて、「怖がらなくていいんだよ。みんな普通の人なんだから」と、
お面を取って、中には普通の人間の男の人が入っていることを見せてくれました。が、娘の泣き声は大きくなるばかり。
もう、急いでこの町を去るしかありませんでした。

あんなに怖い思いをしてトラウマになっちゃうかなぁ・・・と心配しましたが、町を出て少し走ると、わりとケロッと
していて、「あのお面、こわかったねぇ。○○ちゃん、こういうパレードすきじゃない!」と感想を述べていました(笑)。

そして翌日フライブルクのパレードを見て、「エルツァッハのはこわかったけど、これはこわくな~い!」と
はしゃいでいました。こういう体験って、子供なりに上手に消化するってことなんでしょうね~。

こういう伝統的なちょっと怖いパレードも見たし、フライブルクの和やかなパレードも楽しんだし、お姫様の衣装を
存分に着てお姫様になりきることもできたし、ベルリーナーもたくさん食べたし、娘にとって初めてのカーニバルは
とても楽しい思い出になったようです☆


↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2012-02-28 19:54 | ドイツのお祭り・イベント

カーニバルのパレード(フライブルク)

今日はカーニバルのクライマックス「Rosenmontag(ローゼンモンターク=バラの月曜日)」で、フライブルクの町で
パレードが行われました。

ミュンヘンでは明日の「カーニバルの火曜日(Faschingsdienstag)」が一番盛り上がる日で、半祝日扱い
でしたが、いつがクライマックスかは地域によって異なります。フライブルク周辺の小さな町では、日曜日に
パレードが行われたところも多く、私たちも昨日は郊外まで足を伸ばしたので、それについてはまた次回レポート
しますね。

それでは写真をダダダッと載せますので、どうぞご覧になってみてください♪

a0245112_6563388.jpg


a0245112_6565897.jpg

a0245112_6572695.jpg

a0245112_6574480.jpg

a0245112_6581054.jpg

a0245112_6584568.jpg

a0245112_659738.jpg


出かけるのが遅くなってしまったため、早めに行っていい位置を確保することができず、人の山の合間から
撮っていたのでまともな写真があまりなくて残念なのですが、少しは雰囲気が伝わったでしょうか?

実は私、今回フライブルクのパレードを初めて見ました。ちょうど日本に帰っていたり、日本に帰る直前でバタバタ
していたりして、今までカーニバルに参加したことがなかったのです。この黒い森地域のカーニバルは、他の地域とは
ちょっと違って伝統的で独特だということで、ぜひ見たいと思っていたのですが、うん、ミュンヘンやケルンのものとは
また全然違ってなかなか面白かったです~。(ドイツで最も盛大にカーニバルが祝われる地域の一つ、ケルンの
カーニバルも昔見たことがあるのですが、あそこのは本当に大規模で、ものすごい騒ぎっぷりです。)

この南西ドイツ伝統のカーニバルは、木製のお面をかぶるのが特徴。主に鬼とか魔女とか悪魔のような、不気味な
仮装をしたグループの行列が、ブラスバンドの賑やかな演奏に合わせて行進していきます。

昨日見に行ったフライブルク郊外のパレードの仮装は、不気味すぎて娘が大泣きしてしまったのですが(苦笑)、
今日のフライブルクのパレードはとっても楽しそうに見ていました。あれを見た後だと、この程度の不気味さは、
笑って見る余裕があったようです(笑)。

私はたくさん歩いたり、沿道に長いこと立っていたりするのはまだまだ控えなければならない身なので、行列は
まだまだ続いていましたが、ある程度見たら沿道を離れて近くのベンチに座り、ベルリーナーで一休みしてから
帰ることにしました。


a0245112_6592224.jpg

こんなパレードの様子を遠くから眺めながら、

a0245112_6593849.jpg

みんなでベルリーナーをほおばりました♪ これ↑は娘が食べたスタンダードのベルリーナー。ラズベリージャム入りです。
娘はものすご~く幸せそうでした。私と夫はチョコベルリーナーを美味しくいただきました♪
やっぱり私たち夫婦にとっては、カーニバルのメインはベルリーナーです(笑)。

次回は、娘が大泣きした仮装行列をご紹介しますね~。


↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2012-02-21 08:05 | ドイツのお祭り・イベント

ルバーブのケーキ

a0245112_7233944.jpg

先週の日曜日に食べた、ラバーバー(Rhabarber=ルバーブ)のケーキ。
と言っても、パウンドケーキのような生地の上に、ルバーブがちょこちょこっと載っているだけ。とっても素朴な
ケーキでした。本当はベルリーナーが食べたかったのだけど、この日は売っていなかったらしく(夫に買ってきて
もらいました)、他にクリーム系のケーキもなかったとのことで、唯一買えたのがこんなちょっと退屈そうなケーキ
だったようです。ちなみにこのパン屋さんの入り口には、「ベルリーナー(売ってます)」と大きく書かれた看板が
立っていたそう。この日はもともと販売もしていないのに、そんな看板を出す適当さ、ドイツらしいです(苦笑)。

「え~~、こんなケーキしかなかったの~~」とがっかりした私でしたが、食べてみると、しっとりしていて意外に
美味しく、たまにはこんな素朴なケーキも悪くないな♪と思いました。甘い生地にルバーブの酸味がとてもよく
合っていましたよ♪




↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2012-02-18 07:53 | ドイツのスイーツ

お姫様に変身!カーニバル

先日の切迫流産についての記事では、たくさんのコメントをいただきありがとうございます。とても勇気付けられ、
温かい気持ちになりました。あと4ヶ月、できるだけ穏やかに過ごして元気な赤ちゃんを産みたいと思います!


a0245112_541346.jpgさて、今日(木曜日)からカーニバル週間スタートです! 子ども達はみんな
仮装をして幼稚園へ。少し前にカーニバルの衣装について書きましたが、
やはり本人の希望で娘はお姫様になりました。もうこれ以外考えられない!
ってくらい、お姫様になりたくて仕方がなかったようです。

この衣装は、何でも揃う大型スーパーで10ユーロにて購入。娘はこれを見た
瞬間、「○○ちゃん、これ着たい!!お姫様のお洋服がいい!!」と即決。これに
別売りのティアラとイアリングと、あとこれ、なんて言うんでしょう? 娘が手に
持っているお花のついた棒、をコーディネートしました。見事に全てピンク!
他の色もあったのですが、今娘はピンク命なので(笑)、色に関しても絶対に
譲りませんでした。

a0245112_5414653.jpg←これがティアラ。こういうのコーディネートするのは、夫の方が積極的です。
私はドレスがあればそれでいいよね~なんて軽く考えていたのですが、
夫はドレスに合わせて小物を一生懸命探していました。これらの小物、
全て夫が見つけたものです。髪の毛も、「サイドを三つ編にして、それを
後ろで束ねよう」と提案してきました。これに関しても私は「いつも通りの
何もしない髪形で、ティアラつければ十分かわいいよね~」と思っていた
のですが・・・(苦笑)。

でも小物に関しても髪型に関しても、夫の言うとおりにして全て正解でした!
(三つ編したのは私ですけどね。笑)。ま、カーニバルの仮装に関しては、ドイツ人である夫の方がよく知って
いるわけですからね~。幼稚園児がみんなどんな仮装をするのか、私はあまり想像もつかないのです(言い訳?笑)。

だからこそ、今日も幼稚園でみんなの様子を見たいと思っていたのですが、お腹の張りが強くて外に出るのは
断念・・・。切迫流産になってから娘のお迎えは夫か友達にお願いしていて、ようやく最近外出もできるように
なってきていたのですが、今週はなぜかお腹の張りが強くなってしまって、大事をとって動くのを控えています。

明日金曜日も仮装して登園していいことになっていて、娘はまたお姫様になれるのを楽しみにしています。
安物の衣装なので、今日半日着ていただけで、いろんな所がほつれていましたが(苦笑)、まあ数回着るだけ
なのでこれで十分です。クライマックスは来週の月曜日。各町でパレードが行われるので、体調が良ければ
見に行きたいな~と思っています♪


↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2012-02-17 06:29 | ドイツで子育て・子供の話

切迫流産を乗り越えて

突然ですが、実は今、妊娠7ヶ月です。今回の妊娠、あまり順調ではなくちょっと大変だったのですが、
もうだいぶ落ち着いたので、ここで少し状況を書きとめておきたいと思います。

去年の秋に妊娠して喜んでいたのも束の間、7週目ごろに出血して切迫流産(妊娠は継続しているけれど、
流産する可能性がある状態)になってしまいました。出血してすぐ、「赤ちゃんがもう流れちゃったかも・・・」と
思いながら半泣き状態で病院へ行くと、先生も出血の状況がひどいのでびっくりしていて、エコーで診察しながら
顔をしかめています。不安で不安で仕方がありませんでしたが、幸い赤ちゃんはまだいることが分かり、
心拍もこの時初めて確認できました。実は前日にもごくごく少量の出血で診てもらっていたのですが(この時
は担当の先生が不在で、代理の先生に診てもらいました)、心拍はまだ確認できていなかったのです。
こんな状況の中、心臓が動いているのが初めて見られて、それはまるで「ちゃんと生きてるよ!生き延びるよ!」
という赤ちゃんからのサインのように思えました。

でも現実の状況は厳しいようで・・・。先生には「まだ赤ちゃんはいるけど、もつか分からない。可能性はフィフティ・
フィフティ」と言われました。が、先生の厳しい表情から、「流産する可能性の方が高いんだな」ということは
容易に分かりました。「赤ちゃんに生き延びてほしいんだったら、とにかく動かないこと。トイレと食事以外の時は
ずっと横になっているように」と安静生活を指示され、涙がこぼれてくるのを懸命にこらえながら、トラムに乗って
娘と母が待つ家へ帰りました。この時、ちょうど母が日本から遊びに来ていたんです。

母は約2週間の滞在で、前半1週間は楽しく過ごすことができましたが、後半は私が突然安静生活に入って
しまったので、全く何もできなくなってしまいました。母には娘の世話から家事まで全てやってもらい、せっかく
はるばるドイツまで来てくれたのに大変な思いをさせてしまって、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。ただお互い、
こういう状況の中で近くにいられたというのはとても心強かったです。

出血は1ヶ月くらいでやっと収まりましたが、つわりがけっこうひどかったり、お腹の痛みがあったり、夜は全然
眠れなかったりして、ほぼ寝たきり状態はまだまだ続きました。先生から安静生活は解除されたものの、外出は
1日15分までと、歩くことには慎重にと言われていました。でも実際には外出は全くできず、結局まるまる3ヶ月間、
家の中にこもることに・・・。

この間、たくさんのママ友達に助けてもらいました。娘の幼稚園のお迎え~夕方、夫の仕事が終わる時間まで
預かってもらう(お昼・おやつ付き)というのを、1ヶ月ちょっとの間、週2~3回も引き受けてくれたお友達を始め、
ご飯(嬉しい和食です!)を家まで差し入れしてくれたり、スーパーで買い物をしてきてくれたりと、本当にたくさんの
人がヘルプを申し出てくれ力になってくれました。私たち、この周囲の助けがなかったら、この試練を乗り越える
ことはできませんでした。試練・・・ちょっと大げさな言い方ですが、私たちにとってはまさにそんな感じだったんです。
夫は仕事がとても忙しいのに加えて、家事・育児が全くできなくなってしまった私に代わって家でもひたすら
働かなくてはならなかったので、かなりの負担になっていました。昼間、仕事をする時間が減ってしまった分、
夜中にも働いていたので、睡眠時間3~4時間なんて日が何ヶ月も続いていたのです・・・。

友達の手助けのほかに、健康保険から家事・育児のヘルパーさんを派遣してもらえたのも、大きな支えでした。
夫の両親は遠くに住んでいるので、こういう時にもなかなか頼れないのですが、年末、仕事が休みの時には
義母や義妹が交代で計10日間ほど手伝いに来てくれたりもして、それもとてもありがたかったです。

こうしてたくさんの人の力を借りながら、私の状態も徐々に良くなっていき、年末ごろには流産の心配もほぼ
なくなっていました。今でもお腹の張りがずっとあって、休み休みでないと生活ができないし、外出もまだ数える
ほどしかしていませんが、でもお腹の赤ちゃんは順調に育っていて、先日の健診でも「何の心配もいらない」
と言われました♪

今こうやって振り返ると、よくあの状態がここまで回復してくれたなと、自分でもちょっと信じられない気持ちに
なります。赤ちゃんが育ってくれていることが、本当に本当にありがたいです。

昨年秋に何の予告もなしに、オンラインショップ「ブリュームヒェン」もブログもお休みに突入してしまったのは、
このような事情があったからでした。その際は、ご迷惑をおかけしてしまい、本当にすみませんでした!

さて、予定日は6月初旬です。そのため、ショップの方は、5月からお休みに入らせていただく予定です。
4月いっぱいは通常通り営業する予定ですので(また体の方に突然のトラブルがなければ、ですが・・・)、
お買い物ご希望の方はそれまでにお願いいたします。

産後もできるだけ早く再開したいとは思っていますが、今のところ具体的な予定はまだ分かりません。
1人目の出産時は、産後2ヶ月で営業再開したので、今回もそのくらいを目処に考えていますが、上の子の
夏休みなども絡んでくるので、その辺りはまた改めて調整し、詳細をお知らせしたいと思います。

ショップのお客様にはまたこちらの事情でご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ありませんが、ご理解
いただけましたら幸いです。

今後はマタニティライフinドイツのことなども書いていきますね~。




↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2012-02-14 20:15 | ドイツで妊婦生活

クリームたっぷり!ヌガー・ベルリーナー

a0245112_701765.jpg

先日食べた、ヌガー・ベルリーナー(1.20ユーロ)。



a0245112_703057.jpg

もうちょっと固めで色の濃いヌガークリームを勝手にイメージしていたら、こんなトロトロのクリームが入っていました。
ベルリーナーは、本当はこうやって切ったりせず、丸ごとかぶりつきたいのですが(笑)、写真のために切って
みました。そして切り口を見て、改めてそのクリームの多さにびっくり。これだけたっぷり入っていてくれると、
大満足♪ このあふれんばかりのクリームが、かぶりつく度にブニュッと飛び出しそうになる。それが、ベルリーナーの
魅力です(私にとっては。笑)。

これはお昼に食べたのですが、この日は夜も娘を寝かしつけた後、ヌガークリーム味のアイスを食べ、ヌガーヌガーな
日でした。シアワセ♥



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2012-02-11 07:18 | ドイツのスイーツ

訪日中のSWR南西ドイツ放送交響楽団

フライブルクを拠点とする、SWR南西ドイツ放送交響楽団が現在、訪日中です(2月9日~20日)。

a0245112_5532695.jpg

楽団は昨日(8日)、成田に到着。コンサート企画会社の人たちが温かく出迎えてくれた、と公式ホームページの
ジャパンツアー日記
に書いてありました。

コンサート日程は、

2月9日      東京・サントリーホール (終了)
2月12日     名古屋・愛知県芸術劇場 (チケット売り切れ)
2月13日     大阪・シンフォニーホール
2月14日/17日 東京・サントリーホール
2月18日     広島・ALSOKホール
2月19日     金沢・石川県立音楽堂コンサートホール
2月20日     福岡・シンフォニーホール

チケットは、名古屋以外はまだ買えるようです。 →チケットぴあ

しかし、7日にドイツを発って、乗り継ぎ便で24時間かけて8日に到着、そして9日にはもうコンサートって
かなりハードなスケジュールですよね~。


そして上記のコンサートツアー以外に、このオーケストラのメンバーによるアンサンブルが、仙台でチャリティーコンサートも行います。

a0245112_5534885.jpg

東北地方在住の方限定で、600名無料招待という企画らしいです。(募集はすでに終わっています。)
詳細は、コンサートを主催する仙台放送のページに載っています。

私はこの楽団の演奏は聞いたことがないのですが、フライブルクのオーケストラが日本に行っているというのが
嬉しくて、ここで宣伝してみました♪

プログラムは、シベリウス、ベートーヴェン、マーラーなど。興味のある方は足を運んでみてくださいね~。



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2012-02-10 06:30 | 音楽

トーキョーに憧れる

a0245112_5214118.jpg

2005年秋、新宿都庁の展望室より撮影。

この時は、初めて夫と一緒に日本へ(夫は2回目の日本滞在)。
私は6週間、夫は3週間いたので、東京のいろんなところを周ることができました。
まだ子供もいなかったので、二人で、または私の両親と一緒に、本当によく出歩いていました。もちろん子連れでの
一時帰国もこの上なく楽しいのですが、この時の楽しさは格別だったなぁ。東京で頻繁に出かけていると、交通費が
信じられないほどかさむなぁと思った記憶があるので、相当出歩いていたということだと思います。

夫は田舎で育ったので、東京のような大都会は未知の世界。人が多すぎてうんざりしちゃうかな?と思って
いましたが、そんなことはなく、都会生活を楽しんでいたようです。都会のスピードやリズムに一生懸命合わせようと
努力していたのが分かり、何だかおかしかったです。人であふれかえる駅のホームを歩く夫のスピードが、異常に
速かったんですよ! 駅を歩いている人ってみんな早足ですよね。あの流れに一生懸命合わせようとしていた
ようなんです(笑)。でも慣れていないからすごく不自然で(笑)。

話は違いますが、夫が日本人の習慣に合わせようと頑張ることと言えば、麺類のすすり方!(笑)
こちらでは麺類(パスタ)を音を立ててすすることは絶対にNGですが、日本ではラーメンやうどんは、すすって
食べるものですよね。それを知っているので、ラーメンなどを食べる時は一生懸命すするのですが、それが
ものすごく不自然(笑)。音もわざと大きく立てているような感じで、「そんなにがんばらなくてもいいよ」と
言いたくなるほどなんです。こちらの人にとってすすって食べるというのは、とても難しいことみたいです~。

さて、話を元に戻して。
先日、夫が突然、「一度、トーキョーに住んでみたいなぁ」と言ったのです。
以前から何の前触れもなく突然、「日本に行きたいなぁ」などと言うことは時々あったのですが、「東京に住んで
みたい」と言ったのは初めてでした。

「あの都会独特の雰囲気の中で、一度暮らしてみたい」んですって。

a0245112_5215971.jpg

お台場から見た夕日。こんな風景も、都会ならではですよね。


a0245112_5221434.jpg

そして、この井の頭公園の風景も東京ならでは!という感じで、私たちちょっとウケてしまいました。人口密度ならぬ
ボート密度があまりにも濃くて(笑)。

私たちが住んでいるフライブルクでも、池で足漕ぎボートに乗ることができますが、全く違う風景です。

a0245112_5224456.jpg

ボート密度が比較になりません(笑)。(写真にいくつかボートが写っているのですが、分かりますか~?)

あまりにも違う世界。でもどちらにも、それぞれの魅力があると思います。
私は満員電車が耐えられないので東京には住めないだろうなぁと思っていますが(都内で働いていたとき
何が辛いって、通勤電車が本当に苦痛で耐え難いものがありました。。。)、夫と子供と一緒に日本のどこかの
町で一度暮らしてみたいなぁ・・・とは、いつも思っています。夫にも子供にも、日本のことをもっともっと知って
もらえたら嬉しいですしね。

私たち家族にとって、日本は「憧れの国」なのかもしれません。実際に住むといろいろ大変なことがあって、
「憧れ」だけではやっていけないのは、日本からドイツに移住した身としてはよ~く分かっていますが、でも
やっぱり私たちにとって日本は素敵なところ。娘も「日本にまたいきた~い」と、しょっちゅう言っています。
次回、帰れるのはいつかなぁ?



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2012-02-08 06:41 | ひとりごと

Kaiser´sのケーキ

さて、極寒の日曜日、フライブルク郊外の小さな町を散策、そして公園で遊んだあと、カフェに行ってケーキを
食べました♪ 出かける前から帰りにケーキを食べていこう!と決めていたのです(本日のメイン。笑)。

シャルシュタット(Schallstadt)という、同じくフライブルク南部に位置する小さな町に日曜日もやっている
パン屋さん&カフェがあり、そこに寄っていくことも最初から決めていました。

フライブルク市内にも支店がいくつかある「Kaiser´s(カイザース)」というパン屋さん(正式にはKaiser´s
Gute Backstube
といいますが、私たちは省略してカイザースと呼んでいます)。最近は、チェーン系列の
パン屋さんの中では一番のお気に入りです。ケーキもパン屋さんにしてはかなり充実しているので(大きめの
支店だとケーキ屋さん並みにいろいろあります)、この日もここでお茶するのを楽しみにしていました。


a0245112_21371491.jpg

娘が食べたのは、「ケーゼ・ザーネ・トルテ」。生クリーム入りのチーズケーキです。チーズ味の生クリームが挟まった
ケーキと言った方が分かりやすいかな? 定番なので、たいていどこのお店にもあります。娘は本当は最初に
目に入ったラズベリームースのケーキを食べたがっていたのですが(ピンク好きなので、ピンクのケーキが
とっても美味しそうに見えたようです。笑)、それにはお酒が入っているとのことで、こちらのケーゼ・ザーネに変更。
これはマイルドな味なので、娘はよく食べています。実は先日行った、あのおしゃれなケーキ屋さんGmeiner
(グマイナー)でも娘はケーゼ・ザーネを選んだのですが、今回のカイザースの方が美味しかったかも。。。


a0245112_21373078.jpg

これは私が選んだ「ザッハトルテ」。パン屋さん(Bäckerei)のケーキは、やっぱりケーキ屋さん(Konditorei)の
ものとはちょっと違って、「パン屋さんのケーキ」という味がします(ケーキ屋さんのケーキの方がきめ細かく、
味にも深みがあります)。このザッハトルテも「パン屋さんの」という感じはありましたが、でもとっても美味しかったです!


a0245112_21374581.jpg

これはおなじみ「シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ(黒い森のサクランボケーキ)」。夫のチョイスです。
私も一口もらいましたが、お酒がものすごーーーーーく効いていて、私には残念ながらパス!の味でした。
シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ(名前が長い・・・笑)は、お酒の味が強めのことが多いです。
ミュンヘンで食べていたときよりも、本場のこちらに来てからの方がそう感じることが多い気がするのですが、
気のせいかな??


このシャルシュタットにあるカイザースは大きめの店舗で、併設されているカフェはいつも、日曜日の午後の
ケーキタイムを楽しむ人で賑わっています。おもちゃもあるので、子連れもいっぱい。雑誌や新聞も置いてある
みたいで、それらをのんびり読む老夫婦の姿も見られました。

ビュッフェ形式の朝食も充実しているようで、もし近くだったら日曜日のブランチをしにくるのにね~と夫と言っていました。

写真を見てお分かりだと思いますが、あくまでパン屋さん、そしてセルフサービス形式なので、食器もカトラリーも
その類、ケーキの置き方も雑ですが、賑やかで居心地のいいお店なので、また行きたくなります。

フライブルク市内でカイザースを利用する時は、主にお食事パンやサンドイッチを買いますが、どちらも美味しくて
オススメです。菓子パン系はまだそこまで食べこんでいないので、これからぼちぼち研究していきます♪



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2012-02-07 22:19 | ドイツのスイーツ

快晴、極寒、家族で過ごした楽しい日曜日♪

ここのところ昼間も氷点下、夜中~朝方にかけてはマイナス2桁の寒~い日が続いているフライブルクですが、
いいお天気も続いていて、今日も快晴の日曜日となりました♪ 冷え込みが厳しくても、お天気がいいと気分が
滅入ることはないし、お休みの日はどこかに出かけたくなります。

ということで、恒例の「何もあてはないけど、まだ行ったことのないエリアを散策♪」することにしました。
今回訪れたのは、フライブルクから南へ25Kmほど行ったところにある、ハイタースハイム(Heitersheim)
という小さな町。人口は6千人くらいです。

私たちの目的は観光ではなく、ただ住宅地を散策し、娘のために公園を見つけてそこで少し遊ぶ、というもの。
目線は「このエリアに住んでみたいと思うかどうか」です。そしていい感じのお家を見つけると、「あ~こんな家に
住みたいね~」と夢を膨らますのです(笑)。

具体的に今、引越しを考えているわけではないのですけどね。こういうことするのが夫婦揃って楽しいのです(笑)。

前置きが長くなりましたが、小さなハイタースハイムで、一番目を引いたものはコレ。↓

a0245112_545380.jpg

物語に出てきそうな、とても凝った古い建物! 昔、市庁舎だったところで、現在は警察署が入っているようでした。
それほど大きくない建物ですが、塔が二つもあり、それぞれの屋根が異なる色・デザイン・材質でできていて、
全体のバランスも良く、とても素敵だなぁと思いました。



a0245112_5193221.jpg「Altes Rathaus(アルテス・ラートハウス)」=旧市庁舎。
「Polizei(ポリツァイ)」=警察」
またこの他に、「1847年」という年号も書かれていました。


a0245112_5155867.jpg

周りの風景はこんな感じ。ごく普通の建物が立ち並ぶハイタースハイムの町の中で、一際目立っていました。


a0245112_5171789.jpg

町には川が流れていましたが、このとおり、見事に凍っていました。


a0245112_554898.jpg

家を出たときからずっと「公園、公園!」と言っていた娘。運よく見つけることができました。私たちがここにいた時間帯
(午後2時ごろ)はマイナス4~5℃だったので、とっても寒かったのですが、娘はそんなことお構いなし。
滑り台を滑ったりブランコに乗ったり、砂遊びをしたりして、おおはしゃぎでした。

a0245112_563232.jpg

公園でふと空を見上げると、木にまん丸の実?が付いていることに気づきました。これが何なのか分かりませんでしたが、
何だかかわいいな~と思いました。

晴れているのが救いでしたが、それでも氷点下の中、公園で娘に付き合うのはけっこう辛かったです(涙)。
手足が氷のように冷たくなる中、「そろそろ行くよ~」「やだーまだあそぶの!」というやり取りを繰り返し、
最後は「今からカフェに行ってケーキ食べるよ~」という言葉で釣り(笑)、何とか車に戻ることができました。
普段は「ケーキ」にはすぐ反応して簡単に釣ることができる娘ですが、今日はそれでもしぶとく遊んでいました。
家族で公園に行ったのは久しぶりだったので、楽しくて仕方がなかったようです。

ものすごく寒かったけれど、快晴の中、知らない町を散策し(と言っても本当に寒かったので、主に車でぐるっと
周ったのですが)、公園で遊び、その後カフェに行ってみんなでケーキを食べ、娘も私たちも大満足な日曜日でした♪
特別なことは何もしていないけれど、こんな日曜日の過ごし方が好きです。
ケーキの写真はまた次回、載せますね~。



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2012-02-06 06:28 | フライブルク周辺(黒い森など)