ドイツ南西部にある町フライブルクで、夫と2人の子供たちと暮らしています。


by blumchen

プロフィールを見る
画像一覧

プロフィール

2000年夏よりドイツ在住。2004年~2017年11月まで、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を運営していました。現在は、バイオリン店を経営する夫の事業に本格的に携わることになり、その準備中です。


★過去のブログ(2005~2011年)は→コチラ。旅行写真など満載です♪

Facebook


※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。


著書


ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)

「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」

カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪

全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスなどで発売中。執筆話など詳しくはこちらのブログ記事に掲載しています。

最新の記事

ボブスレーのようなソリ滑りが..
at 2018-01-18 20:26
壁をぶち抜きました
at 2018-01-16 18:33
川沿いの遊歩道で穏やかなひと時
at 2018-01-15 19:19
広さも人の数も少しずつアップ
at 2018-01-12 20:21
店舗のリニューアル・オープン..
at 2018-01-11 17:58

カテゴリ

全体
ドイツ生活
ドイツ料理・ドイツのレストラン
ドイツのスイーツ
ドイツパン
フライブルクの街並み・風景
フライブルク周辺(郊外の町・黒い森など)
ドイツのお祭り・イベント
旅行・お出かけ(ドイツ)
旅行・お出かけ(フランス・スイス)
雑貨・陶器
お店のこと
ドイツの食べ物
ドイツのかわいい!素敵!
いつものゴハン・おやつ
ドイツで子育て・子供の話
ドイツで妊婦生活
音楽
ひとりごと
ブリュームヒェンからのお知らせ
バイオリン工房
未分類

タグ

検索

画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

ライフログ

ブログパーツ

ブログジャンル

海外生活
雑貨

ファン

フォロー中のブログ

じゃがいもごはん
木の葉の旅路
ゆうこのつれづれ日記 i...
Regenbogen★虹...

その他のジャンル

カテゴリ:ドイツで子育て・子供の話( 47 )

小2女子のオリジナルアンサンブル

2月に入りましたね。
こちらは今週後半から来週前半にかけて、
カーニバルで盛り上がります。

カーニバル初日の木曜日は、幼稚園や学校に
仮装をしていっていい日。
娘(小2)の学校では、この日はほとんど授業がなく、
賑やかな音楽が流れる中、仮装した子供たちが
遊んだりお菓子を食べたりして過ごします。

娘のクラスでは去年もそうだったのですが、
楽器が弾ける子はみんなの前で演奏してもいいよ♪という
企画(?)があって、今年は娘が友達と4人で
演奏する!とはりきっています。

先週の金曜日の夕方、突然そんなアイデアを思いついた娘。
翌日の朝には仲の良い友達3人に電話して、「こういうの
やろうよ!」と誘っていました。

仲の良い友達がみんな楽器を習っていて、4人が揃うと
バイオリン、リコーダー、ピアノ(2人)で
アンサンブルができるね!ということに気づき、
そんな話に発展したのですが、
アンサンブルと言っても、娘のアイデアは
「オリジナル・魔女の曲」。
みんな魔女やらドラキュラやらの仮装をしていくらしいので、
そんな格好で不気味な魔女の曲をみんなの前で
演奏したいらしいのです(笑)。

急に思いついた話でしたが、幸いみんな日曜の午前中なら
時間があるということで、昨日我が家に集合してもらいました。

子供たちだけでやっても絶対形にならないと思って、
私と夫がいろいろ口出そうとしていると、
「ママたちは他の部屋に行ってて!自分達だけで考えるから!」と
追い出されてしまいました(笑)。

少しして様子を見に行こうとしたら、
閉められたドアにこんな貼り紙が・・・。
a0245112_19344673.jpg
NICHT BETRETEN
(立入禁止)

ERST ANKLOPFEN
(まずノックしてください)

・・・笑。
でもみんなであれこれ意見を出し合いながらいろいろ試しつつ、
だんだん形になってきている様子がちょっと聞こえてきたので、
おとなしく別の部屋で待っていました。

しばらくすると、「入っていいですよ~」との声が。
ブラインドを閉めて真っ暗にした部屋の中で、
4人の子供たちが作った「魔女の曲」を披露してくれました。

魔女の足音、鐘の音、きらめく星の音、風の音、こうもりの声など
それぞれ役割があって、どこでどんな音を出すのかとか、
しっかり決めてあって、ちゃ~んと魔女っぽい曲に仕上がっていました!(驚)

キミ達、すごいよ!
「子供たちだけじゃ無理」と大人目線で決め付けていたこと、
反省しました。

明日の放課後、もう一度うちに集まってもらって、
合わせをして、本番に臨みます。
上手くいくといいね♪



↓応援クリックしていただけるととっても嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします。いつもありがとうございます☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2016-02-01 20:07 | ドイツで子育て・子供の話

娘と作ったお菓子の家☆

a0245112_9322881.jpg

もう3週間前のことになりますが、第一アドベントの週末に
娘と一緒にお菓子の家を作りました。
実は私たち、お菓子の家を作るのが初めて。
IKEAで買ってきたキットを使って挑戦しました。

こういうのは夫が経験豊富(のはず)なので
(夫のお母さんはお菓子作りが好きで、昔から子供たちと
一緒にいろいろ手作りしてきました。)、
夫が主導になってやってもらいたかったのですが、
この日はあいにく仕事で留守・・・。
ということで私が挑戦したのですが、こういうキットを
利用すれば、こんな不器用な私でも問題なくできるほど
簡単なんですね!

私がアイシングでのり付けしながら家を組み立て、
デコレーションは娘が一人でやりました。
煙突からグミのクマさんが覗き出しているのがポイント♪
7歳児が作ったお菓子の家、初めてにしてはなかなか
かわいくできたな~と、親子ともども大満足でした☆
お友達が遊びに来たときも、「わ~、かわいいーー!」と歓声を
あげていましたよ。

私も隣に座って息子の相手をしたり、デコレーションのアドバイスをしたり。
3人で何とも温かい午後のひと時を過ごすことができました。
キットを出した時に1枚床に落ちてしまって、4つくらいに見事に割れたときには
かなり焦りましたけど(苦笑)。でもそれもアイシングでくっつけて
修復することができました。

そうそう、写真に「Hexenhaus(ヘクセンハウス)」と文字入れしてますが、
これは「魔女の家」という意味です。
ドイツではお菓子の家のことをこう呼びます。

この時期は何かと忙しく毎日あっという間に過ぎていき、
気がつけばもう第4アドベント。
何日後かにはもうクリスマス本番だなんて、ちょっと信じられない気分です。
準備のラストパートがんばらなければ!



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2015-12-20 09:33 | ドイツで子育て・子供の話

ランタン作り

a0245112_97142.jpg
先日、幼稚園で息子と一緒にランタンを作ってきました。
毎年秋の恒例行事。
息子はまだ3歳なので工作らしい工作はできないため、
一緒にというか、私が作ったのですが、
ほんのちょこっと手を出して作業に加わったので、
本人は「ママと一緒にラテアネ(Laterne=ランタン)つくった~!」と大喜び。

これを持って、11月11日(聖マーティンの日)に幼稚園のみんなと一緒に
暗くなってから近所を練り歩きます。

あ、ちなみに左の青いのが息子ので、右の赤いのは一昨年娘が作ったもの。
息子のは全部紙でできていますが、娘のは枠は木製で、水玉模様は
蝋をたらしてつけました。
小学校に入るとランタン作りはしないので、幼稚園時代のを出してきて
娘も一緒にランタン行列に参加します☆




↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2015-11-05 09:21 | ドイツで子育て・子供の話

イースター休暇、終了~

今日で、娘の学校のイースター休暇(2週間)が終わりました。
前半はお天気が悪く冬のように寒かったけど(雪も降りました)、Oma(おばあちゃん)や
Opa(おじいちゃん)、親戚のお姉ちゃん達が遊びに来てくれて、非日常的な楽しい
毎日を過ごし、後半はお天気が良く暖かくて気持ちのいい日が続いたので、
向かいのアパートに住むお友達と外でしょっちゅう遊んでいて、娘にとっては本当に
楽しい2週間だったと思います。

私は・・・疲れましたが(笑)、毎度のことながら、子供たちと濃い時間を過ごすのも
いいなと感じました。


a0245112_6174736.jpg

今日、家の前の芝生で遊んでいた時に撮った写真。
こんな可愛らしいお花がいっぱい咲いていて、お日様はぽかぽか気持ちがいいし、
春って本当に素晴らしい!と毎年思います。

明日からまた早起きの毎日。
そして!息子が明日からついに幼稚園に通います!
どんな反応をするか、楽しみです☆



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2015-04-13 06:32 | ドイツで子育て・子供の話

娘の入学式

ついに娘が小学校に入学しました!

(この夏休み、両親が日本から遊びに来たり、入学式の準備に追われたり、子供たちの相手をしたりで、
ショップ業務は通常通り行っていましたが、ブログやツイッターまで手が回らなくて、ご無沙汰してしまいました・・・。)

a0245112_173369.jpg先週入学式を終えて、今日から本格的に学校生活が始まりました。
初めての入学式。娘にとってはもちろん、親の私たちにとっても人生の一大イベントで、
入学式の数日前から期待や楽しみな気持ちと、緊張感と責任感も入り混じって、
とにかく心の中が何だか盛りだくさんな感じでした。

式の盛大さはきっと日本と比べるとだいぶあっさりしているんだと思うけれど、
気持ちの上では「人生の一大イベント」ということに変わりありません。
私も夫も感無量でした。

←ドイツの小学校の入学式といえば、コレ! 「シュールテューテ(Schultüte)」
という、かなり大きな円錐型の入れ物なのですが、これにお菓子や文房具など、
親からのプレゼントを入れて、当日子供に持たせるという伝統です。

このシュールテューテは市販もされていますが、親が手作りするのが一般的。
娘が通っていた幼稚園では、「シュールテューテを一緒に作りましょう」という日
(午後の数時間)を設けてくれて、希望者はそれに参加し、先生に教えてもらい
ながら製作しました。

数あるデザインの中から子供たちが各自好きなものを選び、そのデザインの型紙を
まず作り、それに合わせて様々な色紙を切り抜いて本体に貼りあわせていくのですが、
これがけっこう大変な作業!工作が苦手な私にとってはちょっとしんどかったけれど、
可愛らしく出来上がって(それぞれの紙の色や模様は全て娘がチョイス。ちなみに
人魚姫です)、私も娘も満足できました♪

大きなランドセルをしょって、この大きなシュールテューテも持って入学式に行くのですが、新一年生には
かなり重いので、娘はヨタヨタしていました。親の私たち、張り切りすぎてシュールテューテにたくさん
詰め込みすぎた・・・というのもありますが(苦笑)。

まず近くの教会でミサがあり、牧師さんのお話を聞いたり歌を歌ったりしました。
そのあと学校の体育館に移動し、入学式。校長先生のお話や各先生の紹介のあと、上級生が歌や劇を
披露してくれました。式が終わると子供たちは教室に移動し、最初の授業が行われました。
その間、親たちは外で待っているのですが、上級生の保護者が用意してくれた(安いですが有料の)
ケーキやコーヒー、シャンパンなどで歓談。お昼前に子供たちが外に出てきて、解散となりました。

それからはみんな張り切って記念撮影。子供も親もそうですが、日本のように正装って感じではありませんが、
いつもよりきれいめな服装をしている人が多かったです。男性はジャケットを着ている人が多かったけれど、
ネクタイはみなさんしていませんでした。でもジーンズにスニーカーという人もいて、これは結婚式でも
そうですが、色んな格好をしている人がいますね。子供の方は、女の子たちはやっぱりワンピースを
着ている子が多かったけれど、普段着のような子もいました。

そうそう、このシュールテューテ、半日ずっと本人が持ち歩くのですが、開けるのは家に帰ってからです。
娘はもうずーっと前からこのシュールテューテを楽しみにしていて(入学式=シュールテューテ、という
感じです)、これを開けるのが本人にとってはハイライトだったよう。ようやく中身が見られて興奮でした。

今は、一大イベントが終わってほっとしています。
これからの学校生活、娘にとって楽しいものとなりますように!



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2014-09-22 18:31 | ドイツで子育て・子供の話

生後4ヶ月で発熱・・・

先日ショップ「ブリュームヒェン」を臨時オープンしましたが、早速たくさんのご注文をいただいております。
どうもありがとうございます!この臨時オープン期間を過ぎたら、次にまた営業再開できるのがいつになるか
今のところ全く未定ですので、お買い物ご希望の方は、ぜひこの機会にご購入くださいね。


さて、本題ですが・・・息子は生後4ヶ月にしてもう発熱してしまいました。微熱くらいですが、こんな小さい時に
本格的に風邪を引いてしまうなんて!!鼻水だらだら、くしゃみ、鼻づまりなどの症状もあり、今日は目やに
がたくさん出ていました。娘が0歳の時は熱どころか鼻風邪さえ引かなかったので、びっくりです。

一昨日、頭がちょっと熱いな・・・と思って小児科に連れて行ったところ、ごく普通の風邪ウイルスで、特に心配は
いらないとのこと。喉がちょっと赤くなっていると言われました。

「お姉ちゃんの方も風邪引いてました?」と聞かれ、「今、鼻風邪引いてます」と言うと、「二人目は上からすぐ
ウイルスをもらって、しょっちゅう風邪引くんですよね。その分、免疫力が鍛えられますけどね~」と言っていました。

赤ちゃんは母乳を飲んでいれば風邪を引かないとかってよく聞くし、実際娘も初めて熱を出したのが1歳半
くらいだったのでそんなもんだと思っていましたが、全然そうじゃないんですね~。

息子には、鼻の通りがよくなるように生理食塩水を処方されました。1日5~7回くらい、鼻の穴に1滴ずつ
たらします。あとは、お茶を飲ませるといいですよと言われました。

熱は一日で下がりましたが、それ以外の症状はまだ治まっていません。
そうそう、先生は、「熱が何度かっていうのは、決定的な判断材料じゃないんですよ。かなりの高熱でも特に
危険なウイルスじゃないこともあるし、逆に38度くらいでも肺炎ってこともありますから。だからまずは受診
しないとね」と言っていました。今回も息子の熱は測らず、触診と、喉・耳を見て診断していました。

熱がすぐ下がって安心しましたが、鼻がつまって息がしずらそうなのが可哀相です。早く治ってほしいけど、
娘の鼻風邪もまだまだ引きずりそうなので、この状態がしばらく続いちゃうのかなぁ・・・という感じです。

それにしても最近は、幼稚園のお迎え時に何度も雨に降られています。雨の中、傘をさして片手でベビーカーを
押しながら娘も連れて歩くのって大変!小児科に行った時もザーザー降ってて、昨日は雨が降る予報は出て
なかったのに、幼稚園のお迎え時に合わせたように突然10分くらい激しく降り、雷まで鳴って、もう勘弁して~
って感じです。10分後には何事もなかったかのようにカラッと晴れてましたよ。。。

でもこの先は雨もあまり降らないみたいで、気持ちの良い秋晴れに期待できそうです!
それではみなさん、良い週末を♪




↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2012-09-29 07:37 | ドイツで子育て・子供の話

夏休み終了!!

かなり長い間ブログの更新をしていないなぁ・・・とは思っていましたが、今日久しぶりにログインしてみて
ビックリ! 前回の更新は6月下旬だったのですね。。。(汗)

5月に息子を出産して、6月7月はとにかく息子のお世話が大変で睡眠不足と疲労のため、PCに向かう
余裕はほとんどなく、そうこうしているうちに8月になり娘の幼稚園が夏休みに突入・・・。PCに向かう
余裕はますますなくなりました。

4歳の娘とべったりの毎日。息子のお世話をしながら、娘の相手もし、暑い中毎日公園に通い、毎日毎日
お昼ごはんとおやつを考えるのもなかなか大変で、本当に一日一日を必死で乗り切っていました。
小さな子供がいるお母さんたちは、みんな一緒ですよね。

そんな本気で必死な日々もようやく終わり、今週から幼稚園の新学期がスタートしました。
去年の夏休みもそうだったけれど、身体的にはものすごく大変だけど、娘とべったりな毎日も濃厚で
それはそれでなかなか良いものではあります。充実感があるというか。

でも娘がいない午前中というのは静かで、家事もはかどって、やっぱりホッとしますね。ちょっと寂しかったけれど。
そして一日を終えた後の疲れ方が全然違うので、今日はこうやってブログも書けちゃったりしています。

今日はブログ再開のご報告ということで、次回からまたいろいろ書いていきたいと思っていますので、どうぞ
よろしくお願いします♪



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2012-09-04 05:58 | ドイツで子育て・子供の話

4年ぶりの赤ちゃん

4年ぶりの赤ちゃんのいる生活。娘の時と比べるとかなり楽ですが、それでもやっぱり大変ですね。

最初の2週間くらいは、拍子抜けするくらい楽だったんです。入院中からよく寝てくれた息子。退院した頃には
すでに、だいたい4時間間隔のペースができあがっていて、しかもほとんど泣かないし、赤ちゃんによって随分
違うもんだなぁと驚いていました。娘はとにかく大泣きばかりして寝てくれず、夜中、夫と交代で抱っこして家の
中をさまよう日々が続いていたのです。最初の3ヶ月は本当に大変で、二人ともまともに寝られる日がなかった
のですが、4ヶ月頃から急に朝まで通して9~10時間くらい寝てくれるようになりました。

順調なスタートをきった息子ですが、3週間頃からミルクを大量に吐くようになり、それが現在の悩みです。
吐くと起きちゃって、せっかくいい感じにできあがっていた睡眠のリズムが狂ってしまい、眠りも生まれてすぐの
頃に比べると浅くなっているような・・・。
最初の頃は、授乳・オムツ交換をして寝かしつけたら、「これで3~4時間は私のモノ♪」という感じで、余裕で
YouTubeを見て息抜きしたり、友人知人に「生まれました!」のメールを書いたりしていたのですが、最近は
ちょっとそれどころじゃなくなってきました。。。

特にこの数日は、昼間ほとんど寝てくれなくて私はフラフラ・・・。それでも夜中は一応寝てくれるのでボロボロ
にはならずに済んでますが・・・。今日は久しぶりに3時間間隔くらいで寝てくれているので、やっと家事に少し
手が回り、こうやってブログも書くことができています。(ホントは時間があったらもっと家事をやりなさい!って
感じですが、息抜きも必要ですからね~笑)


*

 
退院して数日後、アパートのお隣さんご夫婦と、うちの上に住む人から息子へのプレゼントをいただきました。
赤ちゃんを歓迎してくれていることが、とっても嬉しかったです。

私たちがこのアパートに引越してきたとき、娘は7ヶ月だったのですが、お隣さんと上の人は揃って、「やっと
またこのアパートに子供が来て賑やかになる。嬉しいわ」ととても喜んでくれました。

当時、11組もの入居希望者がいて、その中で大家さんが私たち家族を選んでくれたのですが、理由は「子供を
持つ家庭だから」というものでした。11組中、子持ちは2組だけで、もう一組は子供はいるけれど結婚はして
いないカップルだったのです。こちらでは子供がいても結婚していない人たちはごく普通にいるけれど、大家さん
夫婦にとっては結婚していることが重要だったよう。

騒音などの理由で子供を嫌がる人も少なくないとは思うけれど、そんな中、大家さんやお隣さんたちが子供を
歓迎してくれることは本当にありがたいと思っています。

それからお隣さんも上の人も、息子へだけでなく、娘にもプレゼントを用意してくれて、そんな気遣いもとても
嬉しかったです。弟ばかりプレゼントをたくさんもらっていたら、娘だって欲しくなりますもんね。

お隣さん夫婦は一番下のお孫さんがすでに16歳と、もう半分大人なので、まだ小さい娘をとても可愛がって
くれています。今回だけでなく、クリスマスやイースターにもプレゼントをもらいました。

小さな子供や赤ちゃんがいると、こういう周りの環境って重要ですよね。その点で私たちはとても暮らしやすい
環境にあるんだなぁと最近改めて思っています。ありがたいことですね。


*


今は本当にひたすら息子のお世話に明け暮れていますが、サッカーの欧州選手権はしっかり見ています!
これが夜のとてもリラックスできるひと時。もちろんドイツ戦のときはリラックスどころじゃなく、ハラハラドキドキ
しながら応援していますが。ドイツはグループリーグ3戦全勝、先週の準々決勝もギリシャに4-2と快勝、
とっても順調にきています!

明日は準決勝でイタリアと対決! これはもうドキドキです。ドイツは過去の国際大会でイタリアに勝ったことが
一度もないそうなので。。。
息子がうまく寝てくれて、しっかり観戦できるといいなぁ。


・・・と、こんな感じで赤ちゃんのいる生活を送っています。

そうそう、4年ぶりの赤ちゃん、何といっても一番大きいのは、「赤ちゃんってホントにかわいい!!!」ということ。
二人目で余裕があるせいもあると思うのですが、とにかく可愛くて可愛くて仕方がありません。
ちっちゃくてふにゃふにゃで、守ってあげなきゃ!って気持ちになります。
こういう気持ちがあるからこそ、昼も夜も関係なく3時間おきに授乳しなきゃいけない(=最長3時間しか通して
寝られない)生活も乗り切れるんでしょうね。

そんなことを書きながらも、疲労と睡魔で目がショボショボしてきている私です(笑)。ちょっと昼寝しといた方が
いいですね。



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2012-06-27 21:24 | ドイツで子育て・子供の話

無事出産しました!!

前回の記事をアップしてから更新できないまま時は流れ・・・
ついに出産の日を迎えてしまいました! それももう先月の話です。

今回の妊娠は、切迫流産、切迫早産と続き、ほとんどの期間を安静にして過ごさなければならず、このブログでも
たくさんの方にお気遣いのメッセージをいただきましたが、無事、元気な男の子を出産することができました。
みなさま、どうもありがとうございました!

妊娠初期にはあまりに出血の状況がひどいので、婦人科の先生から「もつか分からない」と厳しい表情で言われたことが、
つい昨日のことのように感じますが、一方で、何だかずっとずっと昔のことのようにも思えます。
切迫流産になった昨年秋からの約7ヶ月間、本当に長かったです。

もしかしたら流産してしまうかもしれない、と本気で心配し、涙を流していた日々のことを思い出すと、今この手に
愛おしい我が子を抱くことができているのが本当に夢のようです。

「夢みたい」とか、「幸せをかみしめる」っていうのは、こういうことかと、しみじみと実感しています。

出産を間近に控えたある日、知り合いのママさんが「今までよく頑張ったね!あとちょっとでゴールだね!」と
言って、いろいろあった妊娠期間がようやく終わることを一緒に喜んでくれましたが、「ゴール」という言葉は
今の私の心境にぴったりだなと思いました。

周囲の人たちに、物理的にも精神的にも本当にたくさんたくさん助けてもらって生むことのできた息子。
出産は帝王切開だったのですが、手術には総勢14名のスタッフが関わっていたと夫から聞きました。
妊娠期間にしても、出産時にしても、本当にたくさんの人がひとつの命を守るために力を尽くしてくれたということに、
ただただ感謝するばかりです。

娘の時は、順調にお産が進行していたものの、最後の最後で緊急帝王切開に切り替えざるを得ない状況となり、
その経緯から今回は予定帝王切開で生むことになったのですが、手術台に上るのは本当に恐怖でした。
前回は激しい陣痛で意識ももうろうとしていたため、帝王切開への恐怖心など持つ余裕も全くなかったのですが、
今回は意識がしっかりとした状況で麻酔を打たれ、メスを入れられるということが怖くて怖くて。

間もなく手術開始というとき、私の恐怖心や緊張は頂点に達してしまい、また、お腹の中の命を守るために
祈りながら毎日自分の体を大事に大事に生活してきたことを思い出し、そしてその危うい状態もいよいよ終わり、
ようやく出産までたどり着けたという安堵感や幸福感でもう感情があふれてどうにかなってしまいそうな状況に、
赤ちゃんを取り上げてくれることになっていた助産婦さんが気づいたのか、「大丈夫よ、全てうまくいくわよ。
もうすぐBabyに会えるからね。」ととても優しく声をかけてくれたことはきっと一生忘れないと思います。

この助産婦さんと、手術中ずっと私の耳元で手術の進行状況を伝えたり、私の具合が良いかどうか常に気にかけて
くれた麻酔科の女医さんは、本当に優しく、手術中の私の大きな支えとなってくれました。

元気な産声を上げて生まれた息子は、体重も順調に増え、すくすく育っています。
4年ぶりの授乳とオムツ替えに明け暮れる日々はとても新鮮で、今のところ娘より楽な赤ちゃんなので(二人目って
楽なことが多いようですね)、毎日を楽しんでいます。睡眠不足はやっぱりキツイですが・・・。

あ、今、息子が起きました。
ということで、また折を見てブログの更新もしていきますね♪

↓、生後2時間のときに撮った写真です。

a0245112_223116.jpg



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2012-06-17 22:14 | ドイツで子育て・子供の話

ママのお腹の赤ちゃん

a0245112_23303570.jpg
1月に、娘が幼稚園で描いてきた絵です。(3歳9ヶ月)

ママ(私)のお腹の中に、小さな赤ちゃんがいます。
これを見た時は、感激しました! 赤ちゃんがお腹の中にいるということをちゃんと理解していて、それをこうやって
表現してくれることは、親としてとても嬉しいです。

先生も喜んでくれたのか、「Mama, mit Baby im Bauch (お腹に赤ちゃんがいるママ)」というタイトルを
書いてくれてあります。


a0245112_23374644.jpg
右上のマルは耳(Ohren)、左のマルは手(Hände)、と、先生に書いてと娘がお願いしたよう。

今では手足は長く、それなりに見えるように書いているのですが(手の指も)、2ヶ月前は手も足も耳も全て
ただのマルで表現していたんだなぁと、久しぶりにこの絵を見て驚きました。たった2ヶ月で描ける絵もずいぶん
違ってくるんですねぇ。

娘とお腹の赤ちゃんがご対面する日が、本当に楽しみです。



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2012-03-12 23:49 | ドイツで子育て・子供の話