ブンツラウアー陶器のオンラインショップ「ブリュームヒェン」を営む店主が、ドイツ暮らしを綴ります。


by blumchen

プロフィールを見る
画像一覧

プロフィール

2000年の夏からドイツで暮らしています。現在は、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を経営。ショップの仕事を通じて、ドイツの素敵なものたちの魅力にますますはまっていく日々です。

ドイツ陶器とヨーロッパ雑貨のお店 *ブリュームヒェン*

★詳しいプロフィールは→コチラ

★過去のブログ(2005~2011年)は→コチラ。旅行写真など満載です♪


Facebook


※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。


著書


ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)

「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」

カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪

全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスライブドアブックスなどで発売中。執筆話など詳しくはこちらのブログ記事に掲載しています。


ブリュームヒェンNews


ザイラー工房訪問記


▼新商品&再入荷商品

ブンツラウアー陶器
ボウル15cm

ブンツラウアー陶器
ボウル13cm

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
ソルト&ペッパー

ブンツラウアー陶器
ソルト&ペッパー

ブンツラウアー陶器
エスプレッソカップ

ショップ「ブリュームヒェン」トップページへ

最新の記事

一時帰国します
at 2017-05-26 06:53
自転車専用道路の整備を進める..
at 2017-05-23 18:33
ラジオ出演、無事終わりました!
at 2017-05-22 07:03
ラジオ生出演のお知らせ☆「ち..
at 2017-05-19 19:36
大改造中のフライブルク
at 2017-05-18 17:45

カテゴリ

全体
ドイツ生活
ドイツ料理・ドイツのレストラン
ドイツのスイーツ
ドイツパン
フライブルクの街並み・風景
フライブルク周辺(郊外の町・黒い森など)
ドイツのお祭り・イベント
旅行・お出かけ(ドイツ)
旅行・お出かけ(フランス・スイス)
雑貨・陶器
お店のこと
ドイツの食べ物
ドイツのかわいい!素敵!
いつものゴハン・おやつ
ドイツで子育て・子供の話
ドイツで妊婦生活
音楽
ひとりごと
ブリュームヒェンからのお知らせ
未分類

タグ

検索

画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

ライフログ

ブログパーツ

ブログジャンル

海外生活
雑貨

ファン

フォロー中のブログ

じゃがいもごはん
木の葉の旅路
ゆうこのつれづれ日記 i...
Regenbogen★虹...

その他のジャンル

ドイツの木製リコーダー

a0245112_17202021.jpg

娘が9歳の誕生日プレゼントとして、
ドイツのおばあちゃんにリコーダーを
買ってもらいました。

日本人にとってリコーダーといえば、
小学校で習うお手軽楽器、ですよね。

でもドイツに来て、こちらではリコーダー
という楽器の位置づけが日本とは違うなぁと
思うようになりました。

コンパクトだし、ピアノや弦楽器に
比べるとかなり安いので、お手軽で
あることに変わりはないのですが、
こちらではリコーダーはレッスンを
受けて習うもので、学校の授業で一律に
やるものではないという点が
日本とは違います。

リコーダーは小学生が習う楽器として、
ピアノやバイオリンなどのように定番で、
レッスンを受けているという話を
よく聞きます。

日本人の感覚では、「リコーダーなんて
学校で簡単に覚えられるものなのに、
わざわざレッスンに通うなんて」と
思ってしまうのですが(^^;)、
今回初めてドイツのリコーダーを
手にして、「いいな!」と思いました。

日本の学校で使っていたものは
プラスチック製で、お手入れも何もせず、
年中学校の引き出しにしまって
ありましたが、木製のリコーダーは
違いますね!

見た目も手触りも温かみがあって、
お手入れもきちんとしなければ
ならない、立派な楽器なんです。

リコーダー奏者がいて、楽曲も
いろいろあるのですから当然の
ことなのですが、何か、私も自分のが
欲しくなってしまったほど、
いいなぁと思うのです。


a0245112_17202150.jpg

分解して、専用の入れ物にしまいます。
木製なので、乾燥させることが大事で、
しょっちゅう吹くなら、壁にかけられる
ようにするといいかもね、と義母が
言っていました。

義母もリコーダーは昔からよく
吹くらしく、また、身内にはプロの
リコーダー奏者もいるので、
私たちにとってもこれからぐっと
身近な楽器になりそうです。

娘はというと、買ってもらったその日から
ハマりにハマって、よく吹いています。
ちょっと練習すればそれなりに
曲が吹けるようになるので、
楽しいんでしょうね。

ちなみに買ってもらったのは
Schneider(シュナイダー)という
メーカーのもの。義母と娘が楽器店に一緒に
行き、二人で選んで買ってきました。
どうやらドイツの楽器職人が
一つ一つ製作しているようです。

娘はまだ始めたばかりなので
「ビーッ」と吹いていますが、
そのうち柔らかいきれいな音色が
出せるようになるといいな♪と
楽しみです。



応援クリックしていただけるととっても嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

こちらのランキングもよろしくお願いします。いつもありがとうございます☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2017-05-04 18:15 | ドイツで子育て・子供の話