ドイツ南西部にある町フライブルクで、夫と2人の子供たちと暮らしています。


by blumchen

プロフィールを見る
画像一覧

プロフィール

2000年夏よりドイツ在住。2004年~2017年11月まで、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を運営していました。現在は、バイオリン店を経営する夫の事業に本格的に携わることになり、その準備中です。


★過去のブログ(2005~2011年)は→コチラ。旅行写真など満載です♪

Facebook


※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。


著書


ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)

「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」

カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪

全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスなどで発売中。執筆話など詳しくはこちらのブログ記事に掲載しています。

最新の記事

さつまいもとココナッツのスープ
at 2018-01-22 18:54
ボブスレーのようなソリ滑りが..
at 2018-01-18 20:26
壁をぶち抜きました
at 2018-01-16 18:33
川沿いの遊歩道で穏やかなひと時
at 2018-01-15 19:19
広さも人の数も少しずつアップ
at 2018-01-12 20:21

カテゴリ

全体
ドイツ生活
ドイツ料理・ドイツのレストラン
ドイツのスイーツ
ドイツパン
フライブルクの街並み・風景
フライブルク周辺(郊外の町・黒い森など)
ドイツのお祭り・イベント
旅行・お出かけ(ドイツ)
旅行・お出かけ(フランス・スイス)
雑貨・陶器
お店のこと
ドイツの食べ物
ドイツのかわいい!素敵!
いつものゴハン・おやつ
ドイツで子育て・子供の話
ドイツで妊婦生活
音楽
ひとりごと
ブリュームヒェンからのお知らせ
バイオリン工房
未分類

タグ

検索

画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

ライフログ

ブログパーツ

ブログジャンル

海外生活
雑貨

ファン

フォロー中のブログ

じゃがいもごはん
木の葉の旅路
ゆうこのつれづれ日記 i...
Regenbogen★虹...

その他のジャンル

リスとふれあえる森 sanpo

a0245112_20081247.jpg

もう1ヶ月以上前のことですが、
11月初め、フライブルク郊外にある
通称「リスの森」というところに
行ってきました!

黒い森にあるHinterzarten(ヒンターツァーテン)
という町。いつも私たちが冬にそり滑りに
行くところですが、数年前、そこに
「リスの森」なるところがあって、
リスにえさをあげたりできると聞き、
ずっと行ってみたいなと思っていたのでした。

ドイツでは住宅地でもリスはよく
見かけますが、怖がりなので
すぐに逃げて行ってしまいます。

なので、本当にリスにえさをあげる
ことなんてできるのかな??と
半信半疑でしたが・・・

a0245112_20081301.jpg

どんぐりやクルミを手のひらに置いて
しゃがんでじっと待っていると、
リスが自ら近寄ってくるのです!

a0245112_20081360.jpg
そして、手のひらからパクッと
木の実を取って、ささーっと
どこかに隠しに行ったり、
その場で食べたりするのです!

これにはもうみんな大興奮!

何ともいえない不思議な体験でした。
リスたちがとってもかわいかったです。


a0245112_20081391.jpg

この道の先にさらに散策ルートがあって、
そちらにも足を伸ばす予定でしたが、
子供たちがリスのえさやりに夢中で
全く場所を移動しようとしないので、
次回のお楽しみとなりました。

でもまずは、この冬、雪がたくさん積もったら
そり滑りのためにここをまた訪れることに
なるでしょう♪



応援クリックしていただけると
とっても嬉しいです。Danke☆



こちらのランキングもよろしくお願いします。
いつもありがとうございます☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2017-12-11 20:23 | ドイツ生活