ドイツ南西部にある町フライブルクで、夫と2人の子供たちと暮らしています。


by blumchen

プロフィールを見る
画像一覧

プロフィール

2000年夏よりドイツ在住。2004年~2017年11月まで、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を運営していました。現在は、バイオリン店を経営する夫の事業に本格的に携わることになり、その準備中です。


★過去のブログ(2005~2011年)は→コチラ。旅行写真など満載です♪

Facebook


※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。


著書


ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)

「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」

カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪

全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスなどで発売中。執筆話など詳しくはこちらのブログ記事に掲載しています。

最新の記事

ボブスレーのようなソリ滑りが..
at 2018-01-18 20:26
壁をぶち抜きました
at 2018-01-16 18:33
川沿いの遊歩道で穏やかなひと時
at 2018-01-15 19:19
広さも人の数も少しずつアップ
at 2018-01-12 20:21
店舗のリニューアル・オープン..
at 2018-01-11 17:58

カテゴリ

全体
ドイツ生活
ドイツ料理・ドイツのレストラン
ドイツのスイーツ
ドイツパン
フライブルクの街並み・風景
フライブルク周辺(郊外の町・黒い森など)
ドイツのお祭り・イベント
旅行・お出かけ(ドイツ)
旅行・お出かけ(フランス・スイス)
雑貨・陶器
お店のこと
ドイツの食べ物
ドイツのかわいい!素敵!
いつものゴハン・おやつ
ドイツで子育て・子供の話
ドイツで妊婦生活
音楽
ひとりごと
ブリュームヒェンからのお知らせ
バイオリン工房
未分類

タグ

検索

画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

ライフログ

ブログパーツ

ブログジャンル

海外生活
雑貨

ファン

フォロー中のブログ

じゃがいもごはん
木の葉の旅路
ゆうこのつれづれ日記 i...
Regenbogen★虹...

その他のジャンル

娘にドイツ語のサポートをしてもらう

a0245112_17264121.jpg

私はドイツ暮らしももう長いので、普段、
ドイツ語で困ることはあまりありませんが、
やはり外国人は外国人。
私の母語は日本語であり、ドイツ語は
どれだけ上達しても、一生外国語なのです。

(写真は今日の話題とは関係ありません。
今、私がとても好きな柄で、
毎日見とれています。笑)

それでもまだ、小学校3年生(今日が修了式!
秋から4年生です)の娘のドイツ語力よりは
私の方が上で、ドイツ語の宿題を見てあげたり、
何か文章を書いているときは、よく綴りを
聞かれるし、直してあげることも多いです。

でも昨日は娘に私のドイツ語をサポート
してもらう場面がありました。

先日の息子のお誕生会で撮った写真を
現像したので、来てくれたお友達に
一言メッセージを添えて渡そうと思い、
いざカードを書こうとした時のこと。

「きっとこういう書き方でいいんだろうけど、
もしかしたらニュアンス的に違う書き方の
方が自然っていうこともあるかな?」と
思って、娘にちらっと相談してみました。

そしたら、一か所訂正されました(笑)。

たぶん、どちらでもおかしくない言い方だと
思うのですが、娘が「こっちの方が絶対
いいよ!」と自信を持って言ってくれたので、
娘がいいと思う方の単語をチョイスしました。

そして、次に続く文章も何気なく私が
声に出して言ってみると、遊んでいる最中の
娘が、遊ぶ手を止めずに「うん、いいよ」
とOKくれました(笑)。
遊んでるけど、ちゃんと聞いててくれたんだ。笑

これからこういう場面が増えてくるのかな?
普段から、冠詞は時々直されます^^;
これは多くの家庭であることではないでしょうか?

ドイツ語の単語は、男性(der)、女性(die)、
中性(das)名詞があり、一つ一つ区別
しなければならないのですが、その冠詞は
どうしても時々間違えてしまうのです。

すると、娘が直してくれるのですが、これは
素直にありがたいです。直してもらわなければ、
ずっと間違ったまま使ってしまうので。

これから少しずつ頼りにさせてもらえるかな?
と、娘の成長を感じた嬉しいやりとりでした。




応援クリックしていただけるととっても嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

こちらのランキングもよろしくお願いします。いつもありがとうございます☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2017-07-26 18:08 | ドイツで子育て・子供の話