ドイツ南西部にある町フライブルクで、夫と2人の子供たちと暮らしています。


by blumchen

プロフィールを見る
画像一覧

プロフィール

2000年夏よりドイツ在住。2004年~2017年11月まで、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を運営していました。現在は、バイオリン店を経営する夫の事業に本格的に携わることになり、その準備中です。


★過去のブログ(2005~2011年)は→コチラ。旅行写真など満載です♪

Facebook


※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。


著書


ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)

「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」

カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪

全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスなどで発売中。執筆話など詳しくはこちらのブログ記事に掲載しています。

最新の記事

ボブスレーのようなソリ滑りが..
at 2018-01-18 20:26
壁をぶち抜きました
at 2018-01-16 18:33
川沿いの遊歩道で穏やかなひと時
at 2018-01-15 19:19
広さも人の数も少しずつアップ
at 2018-01-12 20:21
店舗のリニューアル・オープン..
at 2018-01-11 17:58

カテゴリ

全体
ドイツ生活
ドイツ料理・ドイツのレストラン
ドイツのスイーツ
ドイツパン
フライブルクの街並み・風景
フライブルク周辺(郊外の町・黒い森など)
ドイツのお祭り・イベント
旅行・お出かけ(ドイツ)
旅行・お出かけ(フランス・スイス)
雑貨・陶器
お店のこと
ドイツの食べ物
ドイツのかわいい!素敵!
いつものゴハン・おやつ
ドイツで子育て・子供の話
ドイツで妊婦生活
音楽
ひとりごと
ブリュームヒェンからのお知らせ
バイオリン工房
未分類

タグ

検索

画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

ライフログ

ブログパーツ

ブログジャンル

海外生活
雑貨

ファン

フォロー中のブログ

じゃがいもごはん
木の葉の旅路
ゆうこのつれづれ日記 i...
Regenbogen★虹...

その他のジャンル

ザイラー陶芸工房を訪ねて

a0245112_01320302.jpg
2015年夏、ドイツ・フランケン地方にある
ザイラー陶器の工房を訪ねました。
ザイラーの陶芸マイスターとその奥様に
会うのは、10年ぶりくらいだったと思います。

写真をたくさん撮らせていただき、
掲載の許可もいただいたので、
すぐにでもブログに書きたかったのですが、
掲載させていただくからにはきちんと
記事にまとめたいと思っているうちに、
随分時間が経ってしまいました。

(ブリュームヒェンのサイトに掲載した
「ザイラー工房訪問記」をこちらに転載して
います。そのため、とても長いブログ記事と
なりますのでどうぞご了承ください。)

一時、ハニーブラウンのシリーズが
入荷できない状況が続いたり、ショップの
運営をお休み・またはとてもスローペース
で行っていた時期があったことなどから、
ザイラー陶器の大きな発注はしばらく
していなかったのですが、ショップ拡大に
伴い、久しぶりにたくさん注文したのです。

すると、
「よかったら車で取りに来ませんか?」
とマイスターからお誘いがあり、旅行がてら
家族みんなで訪ねることにしました。

フライブルクからは日帰りでは行けない
距離なので、工房の近くにある小さなホテルに
泊まることに。マイスターが部屋の仮予約を
してくれました。

出発の前日には私の携帯に電話が
かかってきて、「もしよかったら、子供たちに
陶芸教室をやってあげようかと思うんだけど、
どうですか?」と。とても嬉しい提案に、
「ぜひ喜んで!」とお願いしました。

* * *

気温が40度近くまで上がった猛暑の日、
フランケン地方の小さな町
ロイタースハウゼンにあるザイラー工房に
無事着くと、マイスターご夫妻が
「この暑い日によくいらっしゃいました」
と、とびきりの笑顔で迎えてくれました。

約10年ぶりの再会!感慨深い瞬間でした。

工房と店舗が一つの建物内にあり、
まずは店舗の方で陶器を一通り
見せていただくことに。
私がショップで取り扱っているのは
ほんの一部なので、いろいろな商品を
じっくり見せていただくのは本当にとても
興味深く、楽しくて仕方がなかったです。

* * *

その後、工房へ移動。
マイスターが作業工程を説明しながら、
いろいろな道具や機械を見せてくれました。

a0245112_01320434.jpg
これは素焼きの工程。
成形後、しっかり乾かしてから模様を
描いたら、このような窯に入れて
まず素焼きをします。



a0245112_01320423.jpg
まだ釉薬がかかっていないマグカップたち。
未完成な陶器もまた美しいです。



a0245112_01320419.jpg
こちら、釉薬を手でかき混ぜるマイスター。
アイボリー(ベージュ)の釉薬です。



a0245112_01320585.jpg
このようにカップを釉薬につけます。



a0245112_01320524.jpg
ベージュの釉薬がかかるとこんな色に。



a0245112_18461130.jpg
こちらはハニーブラウンの釉薬。



a0245112_01320264.jpg
釉薬がかかってこのような状態に
なった陶器を再び窯に入れて、
本焼きします。



a0245112_01492161.jpg
焼き上がった器たちは、このように
所狭しと店舗に並べられています。

工房の案内をしてもらい、釉薬がけの
実演サービス(?)もしてもらった後は、
店舗の方に戻ってコーヒータイム。

奥様が焼いてくださったケーキやスイカを
いただきながら、陶器のことから、
工房経営のお話、マイスターが陶芸家の
道に進むに至ったお話まで、いろいろお話を
することができ、とても貴重なひと時でした。

子供たちもマイスター夫妻にすっかり
馴染んで、とても居心地がよかったようで、
絵本を見せてもらったり、お絵かきをしたり
しながらいい子にしていてくれました。

* * *

そして再び工房にもどって、
お待ちかね陶芸教室です!

トップの写真に写っているテーブルを
囲んでみんなで座り、子供たちは
いただいた陶土で思い思いに工作。
型押しの道具を借りていろいろな模様を
試してみたり、娘と夫はザイラー工房が商品
として製作しているキノコのオブジェを真似て、
オリジナルキノコを作ってみたり。

a0245112_01320390.jpg
ろくろを使っての器の製造についても
教えていただきました!

まずはマイスターがお手本を。
そして子供たちが何度かやらせて
もらった後は、私も挑戦することに。



a0245112_01320363.jpg
貸していただいた工房のエプロンを
つけている時、マイスターが「服について
汚れても洗えば取れますよ。」と言った後、
「陶土は私たちにとっては汚れじゃないけど・・」
とぼそっとつぶやいたのが印象的でした。
陶芸に対する愛情を感じたというか!

マイスターに手伝ってもらいながら、
それぞれ器を形作り、色のリクエストも
それぞれしました。

ここにも簡単に工程を書いたように、
成形後、色付けをするまでには
時間がかかるので、この後の作業は
すべてお任せし、完成品を後日
郵送してもらうことに。

これだけのことを全てサービスで
やってくれたマイスターには、
ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

それまでも交流はあったのですが、
この訪問をきっかけにお互いぐっと
親しみが沸いた感があり、
その後もよくメールでやり取りしています。

マイスターはもう高齢で、陶芸を現役で
やるのもあと僅か・・・ということですが、
メールでのやり取りはとってもスムーズで、
注文はもちろん、陶芸関連のお話や
関係のないお話なども、メールを通して
サクサクとすることができて、
とても良い関係を築けているなと思います。
本当にありがたいことです。

またいつか、家族で会いに行きたいと
思っています。

そして、マイスターが現役のうちに、
少しでも多くのザイラー陶器を日本の
みなさんにご紹介したい!
というのが今の私の願いです。

a0245112_01492112.jpg


応援クリックしていただけるととっても嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

こちらのランキングもよろしくお願いします。いつもありがとうございます☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2016-12-21 18:30 | 雑貨・陶器