ブンツラウアー陶器のオンラインショップ「ブリュームヒェン」を営む店主が、ドイツ暮らしを綴ります。


by blumchen

プロフィールを見る
画像一覧

プロフィール

2000年の夏からドイツで暮らしています。現在は、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を経営。ショップの仕事を通じて、ドイツの素敵なものたちの魅力にますますはまっていく日々です。

ドイツ陶器とヨーロッパ雑貨のお店 *ブリュームヒェン*

★詳しいプロフィールは→コチラ

★過去のブログ(2005~2011年)は→コチラ。旅行写真など満載です♪


Facebook


※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。


著書


ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)

「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」

カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪

全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスライブドアブックスなどで発売中。執筆話など詳しくはこちらのブログ記事に掲載しています。


ブリュームヒェンNews


ザイラー工房訪問記


▼新商品&再入荷商品

ブンツラウアー陶器
ボウル15cm

ブンツラウアー陶器
ボウル13cm

ブンツラウアー陶器
カフェオレボウル

ブンツラウアー陶器
ソルト&ペッパー

ブンツラウアー陶器
ソルト&ペッパー

ブンツラウアー陶器
エスプレッソカップ

ショップ「ブリュームヒェン」トップページへ

最新の記事

最高のお散歩コース
at 2017-10-04 19:11
コンスタンツの美味しいパン屋さん
at 2017-09-14 17:42
スイス側の町クロイツリンゲン..
at 2017-09-13 18:26
メーアスブルクの古城へ!
at 2017-09-12 16:35
花のマイナウ島
at 2017-09-07 00:35

カテゴリ

全体
ドイツ生活
ドイツ料理・ドイツのレストラン
ドイツのスイーツ
ドイツパン
フライブルクの街並み・風景
フライブルク周辺(郊外の町・黒い森など)
ドイツのお祭り・イベント
旅行・お出かけ(ドイツ)
旅行・お出かけ(フランス・スイス)
雑貨・陶器
お店のこと
ドイツの食べ物
ドイツのかわいい!素敵!
いつものゴハン・おやつ
ドイツで子育て・子供の話
ドイツで妊婦生活
音楽
ひとりごと
ブリュームヒェンからのお知らせ
未分類

タグ

検索

画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

ライフログ

ブログパーツ

ブログジャンル

海外生活
雑貨

ファン

フォロー中のブログ

じゃがいもごはん
木の葉の旅路
ゆうこのつれづれ日記 i...
Regenbogen★虹...

その他のジャンル

じゃがいも料理専門店「Kartoffelhaus」

10月3日はドイツ統一記念日で祝日でした。体調が万全ではなかったので、昼間は家にこもっていましたが、
夕飯を食べに「Kartoffelhaus(カルトッフェルハウス)」というレストランへ行ってきました♪

Kartoffel=じゃがいも
Haus=家

その名も「じゃがいもの家」というレストラン。いろ~んなじゃがいも料理が揃っています。
この名前のレストランは、けっこうよくあるみたいですね。ミュンヘンにもあって昔(16年前!)行ったことが
あります。(あ、チェーン店とかではありませんよ~。)

フライブルクのKartoffelhausには今回初めて行きましたが、雰囲気もよくお料理はとても美味しくて、
大満足でした!

a0245112_5133580.jpg

お店がある通り。素敵な建物とトラムがいい感じです。
子供たちの寝る時間が遅くならないように、夕方5時半にお店に入ったので、まだこんなに明るかったです。

メニューは本当に種類が豊富で、何にしていいかかなり迷ってしまいましたが、初めてなのでやっぱり一番の
売りというかオーソドックスなものを食べてみないとね、ということで、「Ofenkartoffel(オーフェンカルトッフェル
=じゃがいものオーブン焼き)
」をチョイス。

a0245112_5142773.jpg

大きなじゃがいも2個に、3種類のディップがついてきます。私たちが選んだのは、左からトマト&オリーブ、
アボカド、小エビのディルクリーム。他にもいろいろな組み合わせがあって、ディップを1種類だけにすることも
できます。その場合は値段も安めです。これにたっぷりのサラダとパンがついて、ディップの組み合わせに
より、9.80~13.50ユーロ。じゃがいもはホクホクだし、ディップはどれも美味しいし、サラダもとっても
美味しかったし、何より食べていて楽しかったです。


a0245112_5144886.jpg

もう一品は、ラムひき肉&羊のチーズのポテトグラタン(11.80ユーロ)。これもたっぷりのサラダつき。
2種類のソースがかかっていて、とっても美味しかったです!見た目よりかなりボリュームがありました。
この2品を夫と二人で半分ずつ食べたのですが、かなりお腹いっぱいになりました~。

ドイツの人たちは、基本的に取り分けて食べたり、半分ずつしたり、途中でお皿を交換したりということはしません。
でも日本人的には、いろんな味を食べてみた~いってなりますよね。だから私たち夫婦は日本スタイルで
食べることが多いのですが、この日は娘が「ママとパパ、どうして半分ずっこにするの?」と聞いてきました。
「半分ずっこにすれば、いろいろ食べられて楽しいでしょ」と答えると、「でもみんな、そんなことしてないよ。
半分ずっこにはしないんだよ。」とつっこんできました(苦笑)。他の人たちがどんな風に食べてるかまで
よーく見てるんですね~。

a0245112_515719.jpg

そんな娘が頼んだのは、マッシュポテト&目玉焼きのにんじんサラダつき。4.80ユーロ。このレストランは
お子様メニューも充実していて、珍しく野菜がついてきて、しかも全部美味しくて、かなり良かったです!

お子様メニューがあるレストランは多いですが、どこも同じようなもので(定番はシュペッツレとか、カツレツまたは
ソーセージ&ポテト)、野菜は皆無に等しいです。今回のメニューは娘も大層気に入って、「カルトッフェルハウスの
ごはん、おいしー!」と何度も言っていました(笑)。

お腹がかなりいっぱいでしたが、デザートがないと落ち着かない私たち(笑)。でもこの日はテーブルの予約を
していなかったので、7時までならOKという席しか空いていなく、食べ終わったのはすでに7時近かったため、
デザートも食後のコーヒーもなしでお店を出なければなりませんでした。
予約しないと座れないのは分かっていたのですが、赤ちゃん連れだと決まった時間に家を出るのもけっこう
大変なので、5時台に行けばさすがに座れるだろうと言っていたのです。まあ座れましたが、結局7時頃からは
ほぼ全ての席が予約で埋まってるので、ゆっくり食事することはできないんですね。
ということで、場所を移動してデザートをいただくことにしました。(そこまでする?!というツッコミは置いといて。笑)


a0245112_5152298.jpg

お店を出ると、向かいにあるヨハニス教会の7時の鐘が鳴っていました。
ここからトラムで3駅のStadttheater(市立劇場)横にあるアイスカフェに行くことに。このアイスカフェは
以前、こちらの記事でパフェをご紹介したことがありました。


a0245112_5153740.jpg

たっぷりのじゃがいも料理を堪能した後、どうしても飲みたくなったのが、このアイスコーヒー(Eiskaffee
アイスカフェ)。冷たいコーヒーの中にバニラアイスが2玉入っていて、上にはたっぷりの生クリームがのっています。
ここのEiskaffeeはかなりのボリューム(4.60ユーロ)!あれだけじゃがいも料理を食べた後にこの量は、
大食いの私にもさすがに多かったです~。もちろん全部飲みました(食べました)けどね(笑)。

Eiskaffeeはコーヒー自体がすでに甘いことがほとんどですが(私が今まで飲んできたものは)、ここのは
コーヒーは甘くなく、さっぱりとした感じでした。あ、でもアイスと生クリームたっぷりだから、さっぱりっていう
表現はちょっと違ってますね(笑)。

二人の子供を連れてレストランとカフェをはしごして、お腹がはちきれそうになりながらみんな満足した楽しい
夕べでした♪ 4ヶ月の息子も全くぐずることなく、いい子にしててくれて助かりました☆


Kartoffelhaus(クリックするとお店のHPへ飛びます。)
 Basler Straße 10
 TEL +49 761 72 00 1
 トラム「Johanniskirche(ヨハニスキルヒェ)」駅から歩いてすぐ



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2012-10-05 06:53 | ドイツ料理・ドイツのレストラン