ドイツ南西部にある町フライブルクで、夫と2人の子供たちと暮らしています。


by blumchen

プロフィールを見る
画像一覧

プロフィール

2000年夏よりドイツ在住。2004年~2017年11月まで、ドイツの陶器&雑貨を扱うオンラインショップ「Blümchen*ブリュームヒェン」 を運営していました。現在は、バイオリン店を経営する夫の事業に本格的に携わることになり、その準備中です。


★過去のブログ(2005~2011年)は→コチラ。旅行写真など満載です♪

Facebook


※ブログ内の画像・文章・内容などの無断使用・転載を禁じます。


著書


ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)

「ワンテーマ指さし会話 ドイツ×お城 (とっておきの出会い方シリーズ)」

カルカ麻美(著)
出版社:情報センター出版局
880円+税

ドイツのおすすめのお城や古城ホテルのほか、お城めぐりの旅に際して知っておきたいこと、お城で行われるイベントなどさまざまなお城の楽しみ方を、詳しくご紹介。写真も満載です♪

全国の書店ほか、Amazon楽天ブックスなどで発売中。執筆話など詳しくはこちらのブログ記事に掲載しています。

最新の記事

ボブスレーのようなソリ滑りが..
at 2018-01-18 20:26
壁をぶち抜きました
at 2018-01-16 18:33
川沿いの遊歩道で穏やかなひと時
at 2018-01-15 19:19
広さも人の数も少しずつアップ
at 2018-01-12 20:21
店舗のリニューアル・オープン..
at 2018-01-11 17:58

カテゴリ

全体
ドイツ生活
ドイツ料理・ドイツのレストラン
ドイツのスイーツ
ドイツパン
フライブルクの街並み・風景
フライブルク周辺(郊外の町・黒い森など)
ドイツのお祭り・イベント
旅行・お出かけ(ドイツ)
旅行・お出かけ(フランス・スイス)
雑貨・陶器
お店のこと
ドイツの食べ物
ドイツのかわいい!素敵!
いつものゴハン・おやつ
ドイツで子育て・子供の話
ドイツで妊婦生活
音楽
ひとりごと
ブリュームヒェンからのお知らせ
バイオリン工房
未分類

タグ

検索

画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

ライフログ

ブログパーツ

ブログジャンル

海外生活
雑貨

ファン

フォロー中のブログ

じゃがいもごはん
木の葉の旅路
ゆうこのつれづれ日記 i...
Regenbogen★虹...

その他のジャンル

トーキョーに憧れる

a0245112_5214118.jpg

2005年秋、新宿都庁の展望室より撮影。

この時は、初めて夫と一緒に日本へ(夫は2回目の日本滞在)。
私は6週間、夫は3週間いたので、東京のいろんなところを周ることができました。
まだ子供もいなかったので、二人で、または私の両親と一緒に、本当によく出歩いていました。もちろん子連れでの
一時帰国もこの上なく楽しいのですが、この時の楽しさは格別だったなぁ。東京で頻繁に出かけていると、交通費が
信じられないほどかさむなぁと思った記憶があるので、相当出歩いていたということだと思います。

夫は田舎で育ったので、東京のような大都会は未知の世界。人が多すぎてうんざりしちゃうかな?と思って
いましたが、そんなことはなく、都会生活を楽しんでいたようです。都会のスピードやリズムに一生懸命合わせようと
努力していたのが分かり、何だかおかしかったです。人であふれかえる駅のホームを歩く夫のスピードが、異常に
速かったんですよ! 駅を歩いている人ってみんな早足ですよね。あの流れに一生懸命合わせようとしていた
ようなんです(笑)。でも慣れていないからすごく不自然で(笑)。

話は違いますが、夫が日本人の習慣に合わせようと頑張ることと言えば、麺類のすすり方!(笑)
こちらでは麺類(パスタ)を音を立ててすすることは絶対にNGですが、日本ではラーメンやうどんは、すすって
食べるものですよね。それを知っているので、ラーメンなどを食べる時は一生懸命すするのですが、それが
ものすごく不自然(笑)。音もわざと大きく立てているような感じで、「そんなにがんばらなくてもいいよ」と
言いたくなるほどなんです。こちらの人にとってすすって食べるというのは、とても難しいことみたいです~。

さて、話を元に戻して。
先日、夫が突然、「一度、トーキョーに住んでみたいなぁ」と言ったのです。
以前から何の前触れもなく突然、「日本に行きたいなぁ」などと言うことは時々あったのですが、「東京に住んで
みたい」と言ったのは初めてでした。

「あの都会独特の雰囲気の中で、一度暮らしてみたい」んですって。

a0245112_5215971.jpg

お台場から見た夕日。こんな風景も、都会ならではですよね。


a0245112_5221434.jpg

そして、この井の頭公園の風景も東京ならでは!という感じで、私たちちょっとウケてしまいました。人口密度ならぬ
ボート密度があまりにも濃くて(笑)。

私たちが住んでいるフライブルクでも、池で足漕ぎボートに乗ることができますが、全く違う風景です。

a0245112_5224456.jpg

ボート密度が比較になりません(笑)。(写真にいくつかボートが写っているのですが、分かりますか~?)

あまりにも違う世界。でもどちらにも、それぞれの魅力があると思います。
私は満員電車が耐えられないので東京には住めないだろうなぁと思っていますが(都内で働いていたとき
何が辛いって、通勤電車が本当に苦痛で耐え難いものがありました。。。)、夫と子供と一緒に日本のどこかの
町で一度暮らしてみたいなぁ・・・とは、いつも思っています。夫にも子供にも、日本のことをもっともっと知って
もらえたら嬉しいですしね。

私たち家族にとって、日本は「憧れの国」なのかもしれません。実際に住むといろいろ大変なことがあって、
「憧れ」だけではやっていけないのは、日本からドイツに移住した身としてはよ~く分かっていますが、でも
やっぱり私たちにとって日本は素敵なところ。娘も「日本にまたいきた~い」と、しょっちゅう言っています。
次回、帰れるのはいつかなぁ?



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。Danke☆
人気ブログランキングへ

↓こちらのランキングもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by blumchen | 2012-02-08 06:41 | ひとりごと